試合レポート

【春季静岡県大会】好継投で流れを変えた富士、中盤に三島北を逆転し、そのまま逃げ切る

2024.04.07


富士・遠野功也

<春季静岡県大会:富士5-2三島北>◇6日◇東部地区敗者復活戦◇愛鷹広域運動公園

春季静岡県大会は、昨秋からの新制度で、ブロック予選の代表決定戦で敗れたチームの敗者復活で、県大会進出を争うという戦いになっている。富士は初戦では吉原工に7対0と快勝したが、富士市立に1点差で敗れて敗者戦に回った。

三島北は初戦では吉原に競り勝ったものの、知徳には0対10で敗れて敗者戦に回った。県大会進出へ向けては、どちらも負けられない、サバイバル戦である。

三島北は左腕・千葉投手、富士は10番をつけた2年生の横田投手が先発。横田投手は3番・内山に右翼線三塁打を浴びたが、どちらもまずまずの立ち上がりだった。

先制したのは三島北で2回、5番・中島が中越え二塁打を放つと、2死後に佐藤 心大(2年)が中前へクリーン安打で二塁走者をかえした。さらに、3回にも三島北は四球の走者をバントで進め、内山の安打でつなぐと、暴投があって2点目が入った。富士の稲木 恵介監督は、堪らず横田をベンチに下げて、1番をつけた左腕の遠野投手を送り出した。遠野投手は内野安打を喫したものの、富士も好守を見せて本塁で刺して追加点を防いだ。

そしてその裏、富士は1番・赤池が中越え三塁打を放つと四球などで1死二、三塁として4番・小出の左越え二塁打で同点。早い回に追いついて、富士は相手に行き掛かっていた流れを引き寄せた。4回には、下位の連打とバントでチャンスを作り、9番に入っていた遠野投手自らが犠飛を放って逆転。さらに、5回にも2死二塁から5番・山下が左前打を放って4点目を挙げた。まさに、遠野投手が登板して、守りから攻撃へのリズムもよくなってきたという感じだった。

6回にも富士は2死走者なしから、遠野の右越え二塁打と1番・赤池の右前適時打でソツなく1点を追加。そして、遠野投手は最後までスイスイと気持ちよく投げ切った。結局、3回途中から投げて、打者20人に対して被安打2、与四球1。三者凡退も4度あり、いかにいいリズムの投球だったかが分かる。

先制をした三島北としては、序盤の流れを断ち切られたのが痛かった。そんな中で、8番ながら佐藤がシュアな打撃で2安打していたのが光った。

稲木監督は、「もうこれ以上点をやりたくないという形での投手交代でしたが、遠野はよく投げた。これで、攻撃へのリズムも作れた。粒は小さいけれども、限られた条件の中で、選手たちはそれぞれによくやっている」と、選手たちの頑張りを称えている。

シーズンイン早々の3月には、昨夏の日本一となった慶応義塾(神奈川)の胸も借りた。「序盤は0対0だったんですが、中盤1イニングで3点、4点と取られてしまいました。それでも、選手たちはいい刺激を受けて、取り組み方も含めと、それぞれが自分なりに勉強もして、練習でも工夫していますよ」と、神奈川遠征の成果を感じながら、選手たちの自主性にも目を細めている。

<関連記事はこちら>
◆【トーナメント表】春季静岡大会 結果一覧
◆システム変更、強豪校がノーシードで激戦必至!静岡春季大会予選を占う!
◆【高校野球勢力地図・静岡編】筆頭は日大三島! 「フルスイング野球」浜松開誠館、「頭とハート」聖隷クリストファーが追う! 静岡、常葉大菊川など伝統校の巻き返しも
◆ドラフト候補たちの「春の初戦」が決定!徳島の153キロ右腕、静岡の197センチ剛腕などセンバツに出ない逸材たちを見逃すな!

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?