Column

システム変更、強豪校がノーシードで激戦必至!静岡春季大会予選を占う!

2024.02.20


清水桜が丘・山田翔生

静岡県の春季と秋季大会は、昨秋から予選システムが変更された。従来の東部、中部、西部の三地区による敗者復活戦ありの戦いから、より県大会出場校を多くしていくということで、初戦からの敗者復活制度はなくなった分、出場校枠は増えた。初戦を突破しなくては、次がないということになった一方で、1つ勝てば、次の試合では敗者復活戦もあるし、県大会進出の確率も上がっていくというシステムである。この春も、そんなシステムで静岡県大会が運営されていく。すでに予選の組み合わせが決定。好カードを拾っていってみよう。

新システムになった昨秋、初戦では静岡はじめ、静岡商掛川西といった伝統校が初戦で敗れ、県大会進出を逃した。その結果、今春の1次予選でも、それらの伝統校がいずれもノーシードで戦うということになった。東部地区35校、中部地区32校、西部地区39校で1次予選から、激しい戦いが行われる。各会場では、より激しい戦いも予想される。

中部地区初戦で「静岡商-島田商」の伝統校対決!

近年の静岡県では東部地区では日大三島を筆頭に加藤学園知徳飛龍御殿場西桐陽といったところが競り合っているが、沼津東富士市立富士と公立勢も健闘している。21世紀枠でセンバツ出場を果たしたことのある三島南も侮れない。
今春の組み合わせで言えば、知徳桐陽御殿場西のゾーンが注目だ。その他、2回戦で当たる可能性のある富士富士市立の対戦も興味深い。加藤学園日大三島飛龍あたりは、すんなりと勝ち上がってきそうだ。

有力校がノーシードとなっている中部地区では、静岡駿河総合が2回戦で当たる可能性があるのが興味深い。静岡商も初戦で島田商との伝統校対決となり、これは古くからの県内の高校野球ファンにとっては興味深いところである。

清水桜が丘静岡市立の対戦も好カードか。東海大静岡翔洋は初戦で島田工と当たるが、勝てば西部地区の浜松江之島磐田西の勝者ということになる。これは地区予選ながら中部地区と西部地区がクロスしての対戦となり、新システムならではのものである。

昨秋の優勝校の藤枝明誠や、常葉大橘などはスムーズに県大会進出を果たしそうだが、どうだろうか。

浜松開誠館vs.オイスカ浜松国際の「珍ユニ対決」はあるか!?

2022年の浜松開誠館ユニフォーム

掛川西は初戦で磐田南と当たることになっており、勝てば浜松北磐田農の勝者と当たる。磐田東は初戦突破すれば、浜松修学舎浜松城北工の勝者との対戦となり、好試合が期待される。

浜松市立常葉大菊川が当たりそうなブロックや、浜松商浜松大平台の1回戦なども面白い戦いになりそうだ。お互いに初戦を突破すれば浜松開誠館オイスカ浜松国際も特徴的なユニホームの両校ということでもあり、楽しみな対戦となる。聖隷クリストファーはすんなりと勝ち上がりそうだ。

各校は、1つ勝てば(組み合わせによっては桐陽御殿場西遠江総合横須賀など2勝することが必要となるゾーンもある)次は敗れても敗者復活戦があるので、修正して県大会進出をかけての戦いに挑むことができる。これが、新システムの特徴でもある。

また、上位決定戦では実力校同士の対戦もありそうで、興味深い。ここで勝てば、県大会へ勢いをつけられる。

春季大会の序盤は、一冬越えた各校が、どれだけ戦力を整えてきているか、というのも見どころ。どれだけ冬の間に自分たちの不足していた部分を補えているのかの発表の場でもある。

この春にどのような成果を披露できるのか。それが、そのまま夏に繋がっていくというのは言うまでもないことである。

(文/手束仁)

<関連記事>
【一覧】春季静岡地区予選のトーナメント表
【高校野球勢力地図・静岡編】筆頭は日大三島! 「フルスイング野球」浜松開誠館、「頭とハート」聖隷クリストファーが追う! 静岡、常葉大菊川など伝統校の巻き返しも

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.22

大阪桐蔭が快勝、西谷監督が甲子園68勝で歴代最多タイ、北海は13年ぶり春勝利ならず

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.22

【春季愛知大会地区予選】享栄が5回に一挙8点を奪って、食い下がる愛知を粉砕

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.17

大会屈指の強打者・モイセエフ・ニキータ独占インタビュー 「目標は世代No.1野手&高校日本代表、そしてプロ入り!」

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>