News

侍ジャパン”飛び級選出”の宗山塁(明治大)、「春は出場しない」 ケガからの復帰は秋以降に

2024.04.04


ベンチからチームを鼓舞する宗山

今秋のドラフト1位候補として注目されている明治大学の宗山 塁内野手(広陵)が、3日に行われた日立製作所との試合前練習に参加した。

広陵時代には1年時からベンチ入りし、明治大学に進学後もショートで3季連続ベストナインを獲得した。六大学リーグの現役選手最多となる94安打の打撃と侍ジャパンの井端 弘和監督も「何も言うことない」と絶賛する守備で攻守に存在感を示してきた。3月初旬に行われた侍ジャパンと欧州代表の試合にも選出されたが、右肩肩甲骨骨折の影響で出場を回避。それでも、ドラフト1位候補としての評価は揺るがないものとなっている。

2024年ドラフトの目玉ともいえる存在はベンチにも入ったが、試合出場は無く、声掛けなどで奮起を促していた。試合後、田中 武宏監督は、「春季リーグ戦では使うつもりはない」と構想から外れていることを明かした。復帰には慎重な姿勢を見せたが、主将としてチームを鼓舞する姿に「非常によくやってくれている。メンバーから外す選択肢はない」と信頼を示していた。

この日、ショートを務めたのは22年のセンバツで準優勝を経験した津田 基内野手(近江)。6回からは同年のU-18日本代表に選出された光弘 帆高内野手(履正社)が出場し、田中監督も、「2人を入れ替えて使っていく」と説明。チームの柱を欠く中で、新たなスター候補たちを競わせながら、4月20日の春季リーグ戦開幕を迎える。

<関連記事はこちら>
◆大学生ドラフト期待度ランキング【2024年新年版】10位-1位 今年の顔・宗山塁、157キロ・中村、大学生NO.1左腕・金丸……1位は?
◆明治大の新入生に甲子園のヒーローが続々! 昨年センバツ優勝山梨学院エース、仙台育英151キロ右腕、健大高崎の遊撃手など入学!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.18

【長崎】長崎西、島原中央などが初戦を突破<NHK杯地区予選>

2024.05.18

【春季関東大会】鹿島学園が逆転勝利!左腕コンビのリリーフで樹徳との接戦を制する!

2024.05.17

【春季関東大会注目野手一覧】超高校級のショートトリオ、健大高崎の強肩捕手など24人の逸材野手をピックアップ!

2024.05.18

国民的人気だった韓国の高校野球はなぜ凋落したのか? “韓国の甲子園球場”の撤去、少数エリート制度の弊害……【韓国高校野球事情③】

2024.05.17

【関東大会注目チーム紹介】13年ぶりの春季埼玉王者・花咲徳栄打線は超強力!ドラフト上位候補スラッガー・石塚を中心に県大会58得点!

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?