News

関浩一郎(青森山田)は「成長曲線が見える」逸材! 体力強化で”大化け”は確実

2024.03.22


関 浩一郎(青森山田)

青森山田の187センチ右腕・関 浩一郎投手(3年)の注目度が高い。今年の練習試合でも最速147キロをマークするなど、順調に成長している。選抜の京都国際戦を振り返ると、やや球速不足だった。セットポジションから始動し、左足をしっかりと上げて、真っ直ぐ踏み出して大きく振り下ろす投球フォーム。

直球は常時135キロ〜137キロで最速は143キロ。球速表示は物足りないが、ストレートの質は非常に良い。角度があり、伸びのあるストレートを投げている。

その一因は投球フォームにあるだろう。左足をゆったりと上げていき、その後、軸足にしっかりと体重を乗せて、真上から振り下ろすオーバーハンド。体の使い方もうまく、申し分ない。

関は「甲子園で緊張があり、また最速147キロを出した練習試合は自分のために出力を上げたが、この試合はチームの勝利のためにバランスを重視した結果、ストレートのスピードは抑えめでした」と振り返る。

変化球は110キロのカーブ、120キロ台のスライダー、チェンジアップを投げ分ける。いずれも緩い軌道で、カウントを取る目的で投げる事が多い。

投球パターンを見ると、緩い変化球でカウントを取りつつ、自信のあるストレートで打ち取ることができている。試合後、関は「京都国際打線はコンタクト力が高い打者が多く、苦労したが、勝利出来て嬉しい。初めての甲子園のマウンドは楽しかった」と笑顔を見せた。

関の将来性についてだが、フィジカルを徹底的に強化していけば、化けるタイプではないか。そのモデルケースが今年、支配下登録となった日本ハム・福島 蓮投手(八戸西)、巨人・京本 眞投手(明豊)だ。2人の高校時代を振り返ると、福島は190センチの長身右腕として注目されたが、140キロ前後で出力が物足らず、京本は189センチの長身から角度のある140キロ台の速球が魅力だが、フォームにばらつきがあり、なかなか実力を発揮できなかった。

福島はプロ入り後、球速を10キロ伸ばし、現在は最速153キロを投げ込む速球派右腕。京本も安定した140キロ後半の速球、多彩な変化球を投げ込むバランス型の右腕へ成長した。

関も青写真を描きやすいタイプ。現状の投球には物足りなさを感じても、評価する球団は多いのではないだろうか。

選抜初戦を終えて、さらに投球のレベルを高めることができるか注目だ。

<プロフィール>
関 浩一郎(せき・こういちろう)
右投げ右打ち
187センチ85キロ
小学校:青森ジャイアンツ
中学校:青森戸山シニア
青森山田高では1年秋の県大会から背番号18でベンチ入り
昨秋(2年秋)の県大会から背番号1でベンチ入り

<関連記事>
【トーナメント表】センバツ大会 21日結果一覧
【一覧】今年も逸材揃い!センバツ注目選手リスト
【大会レポート】青森山田がセンバツ初勝利、木製バット使用・吉川の三塁打から劇的勝利、京都国際・中崎力尽く
【センバツドラフト候補・右投手編】今朝丸(報徳学園)、平嶋(大阪桐蔭)、小川(作新学院がBIG3!大会を盛り上げる速球派右腕9人を紹介!

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>