Column

吉岡暖(阿南光)、モイセエフから3三振を奪った“超高校級”投球術! 二段モーションで打者を翻弄【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.20


阿南光・吉岡 暖 ※写真は過去の取材より

今年のセンバツで、昨秋の公式戦から大きく進化をみせたのが、阿南光吉岡 暖投手(3年)だ。初戦の豊川戦(愛知)では11奪三振完投勝利。四国大会の投球を比較すると、変化球の精度、投球のバリエーションに大きな進化があった。

130キロ前半のツーシーム、120キロ台のスライダー、120キロ後半のフォーク、90キロ台のカーブで構成。
特にツーシーム、フォークは手元で鋭く変化し、大会注目打者・モイセエフ ニキータ外野手からカットボール、フォークで三振を奪った。

4種類の変化球を投げ分ける投球に、豊川の打者もとどまっている様子だった。
モイセエフ相手にはこんな配球を行った。第2打席にカーブ3球続けたあと、128キロのフォークで空振り三振を奪ったのだ。これは高橋 徳監督の指示だったようだ。バッテリーだけではなく、監督も一緒になってモイセエフを抑え込んだ。対策へ向けて、神宮大会の豊川vs高知の試合の映像を見て、強く振れるストレートやインコースの割合を少なくしながら、フォークを軸に投球を組み立てた。

投球フォームにも変化があった。秋は軸足の膝を上げるヒールアップ投法をしていたが、左足を少し振り子気味に上げる二段モーションを今年1月から採用。その動きは今年のヤクルトの開幕投手を務める吉村 貢司郎投手(日大豊山)と似ている。このフォームに軸足にしっかりと力を溜めることで、質のあるストレートとキレのある変化球を投げる手応えを掴んでいる。

投球の引き出しは格段に広がっており、投球術の上手さは超高校級。センバツ初戦は10℃以下で、球速が出にくいコンディションだったため、最速143キロにとどまった。

気温が上がれば、145キロ以上は十分に期待できる投手。これからも快投を見せ続ければ、高卒プロの可能性も高まるのではないか。

【経歴】
吉岡 暖(よしおか・はる)
182センチ78キロ
右投げ右打ち
阿南市立阿南中(阿南シティホープ)
ヤングリーグの2021 グランドチャンピオン大会で全国優勝を経験

1年夏 背番号18としてベンチ入り
1年秋からエース
2年春は県大会優勝
2年夏は4強
2年秋はエースとして四国大会決勝まで導く

秋の成績は 8試合 62.2回 66奪三振 防御率2.44

センバツ初戦 豊川戦 9回4失点 11奪三振

趣味:サウナ
対戦したい選手 髙尾 響投手(広陵)世代NO.1投手だと思うから
高校通算本塁打3本(練習試合のみ)

<関連記事はこちら>
◆吉岡暖独占インタビュー「僕のストレートに注目してほしい」
◆【トーナメント表】センバツ試合結果
◆【大会レポート】プロ注対決は吉岡の勝利!モイセエフは3三振も大会第1号で一矢報いる
◆強烈ライナー3安打! 西村幸盛(阿南光)が実践した”飛ばないバット”攻略法【センバツ輝きを放った逸材たち】
◆大会2日目は140キロ超えが3人!健大高崎の右腕・石垣が今大会最速の147キロ! 【140キロ超え投手一覧】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季千葉県大会】センバツベスト4の中央学院、盤石の試合運びで成田を下し、3回戦進出!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!