News

プロ注対決は吉岡の勝利!モイセエフは3三振も大会第1号で一矢報いる

2024.03.19


吉岡暖(阿南光)、モイセエフニキータ(豊川)

<第96回選抜高校野球大会:阿南光11-4豊川>◇19日◇1回戦◇甲子園

阿南光(徳島)が豊川(愛知)に打ち勝ち、現在の校名となってからは初の甲子園勝利を挙げた。

試合はもちろんだが、好投手とスラッガーの対決に、甲子園が魅了された。昨年秋の公式戦の成績で「三冠王」の豊川モイセエフ ニキータ外野手(3年)と、大会屈指の右腕で昨年秋の公式戦では「奪三振王」の阿南光吉岡 暖投手(3年)の対決。試合前から注目だった2人の対戦は、期待通りに見応え十分だった。

中盤までは、吉岡が勝っていた。直球を意識させておいて、変化球主体でモイセエフを攻めて三振2つと右飛。完全に抑えていたが、モイセエフが4打席目についにそのパワーを発揮した。

8回1死一塁から、内角の直球を右翼ポール際へ豪快な2ラン。フルスイングから放たれた打球が、真っ赤にそまった豊川応援団が陣取る一塁側アルプス席へ吸い込まれた。新基準バット使用で、打球が飛ばないと言われながら、大会初アーチと、新基準バット第1号はやはり、ロシア人の両親を持つ怪力の持ち主だった。

そして、最終9回。2死満塁でモイセエフに打席が回ってきた。今度は吉岡が意地を見せて、モイセエフを直球で空振り三振。この試合の主役2人の手に汗握る対戦で、幕が閉じた。

試合は序盤に阿南光が5点を奪って優位に進める。終盤に豊川が打線にようやく勢いがついて、モイセエフの2ランなどで追い上げムードに持ち込んだが、9回に阿南光打線に火が付き、打者11人、5安打などで6点を挙げて試合を決めた。

吉岡は4点を失ったが、143球完投勝利で、モイセエフからの3三振を含めて11奪三振。大会屈指の右腕ぶりをアピールした。試合後は「モイセエフに対しては1打席ごとに配球を変えながら投げることができた。配球はバッテリーだけではなく、監督から指示もあった。ただ、モイセエフはしっかりと振れるし、威圧感があり、甘く入ったのをしっかりと打たれた。最後の打席は抑えることができてよかった」と振り返っていた。

モイセエフは初戦で姿を消すことになったが、その存在感は十分に示した。「吉岡投手もストレート、変化球もキレがあって打ちにくかった。ホームランを打った時は次につなぐ気持ちだった。本塁打が打てたことは嬉しい。しかしそれ以外の打席は三振も多く反省点が多かった」と、吉岡との対決を振り返る。夏はどんな打者になっているのか、想像もつかない。

夏もまた、この2人の対戦を見てみたい気持ちにもなる。

<関連記事>
◆今年の四国の代表格・吉岡暖(阿南光)は“高橋光成型”フォームで急成長!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>
◆大会屈指の強打者・モイセエフ・ニキータ独占インタビュー 「目標は世代No.1野手&高校日本代表、そしてプロ入り!」
◆【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧
◆センバツ出場23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材! 登場日、注目ポイントを徹底解説!
◆【一覧】センバツ注目選手リスト
◆【センバツ組み合わせ】大阪桐蔭・報徳学園・作新学院・愛工大名電が同ブロックで潰し合い! 健大高崎、広陵が優勝を狙える好日程!

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>