News

今年の四国の代表格・吉岡暖(阿南光)は“高橋光成型”フォームで急成長!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.02.15


吉岡 暖(阿南光)

今年の四国地区を代表する本格派右腕として注目されるのが、阿南光吉岡 暖投手(2年)。182センチ78キロと恵まれた体格から最速146キロの速球、縦に鋭く曲がるカーブを投げ込む本格派右腕として、昨秋の公式戦では公式戦8試合中、7試合を完投。防御率2.44の力投をみせ、32年ぶり2回目。現校名となってからは初のセンバツ出場(新野時代に一度出場)に導く快投だった。

まず投球フォームを見ると、筋の良さが光る。
左足を高々と上げた時、軸足である右足のかかとも上がる「ヒールアップ」投法を採用。始動からフォームに勢いをつけたいという狙いが見える。踏み出した足を突き出しながら着地する。軸足の動きを見ると、スパイクの裏をプレートに押さえつけて、踏み出す瞬間に強くキックするのが特徴だ。

吉岡は憧れとする投手に高橋 光成投手(前橋育英-西武)の名前を挙げているが、高橋の体の使い方と似ているところがあり、しっかりと自分の技術にすることができている。歩幅も広く、縦から振り下ろす腕の振りになっているため、角度のある速球と縦系の変化球が投げやすい形ができている。

四国大会では常時130キロ後半〜140キロ前半の速球でも球速表示以上に角度を感じさせ、120キロ後半のフォークのコンビネーションで三振を奪う投球が光った。

182センチの長身を生かした投球フォーム、投球スタイル、常時140キロ超えの直球、落差が鋭いフォーク、完投能力も高く、ドラフト候補として注目されるべき投手だろう。

センバツでは秋よりもストレート面で大きくレベルアップし、圧倒した投球を見せれば、高卒プロの可能性もより高くなる。

【経歴】

吉岡 暖 (よしおか・はる)
182センチ78キロ
右投げ右打ち
阿南市立阿南中(阿南シティホープ)

1年秋からエース
2年春は県大会優勝
2年夏は4強
2年秋はエースとして四国大会決勝まで導く

秋の成績は 8試合 62.2回 66奪三振 防御率2.44

<関連記事はこちら>
◆【一覧】センバツ出場32校
◆【センバツドラフト候補・右投手編】今朝丸(報徳学園)、平嶋(大阪桐蔭)、小川(作新学院がBIG3!大会を盛り上げる速球派右腕9人を紹介!
◆報徳学園の150キロ右腕・今朝丸裕喜は“スカウト好み”のピッチャー! 150キロ、制球力、 身体の使い方の三拍子そろったドラフト候補だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>