News

【準硬式関東大会】前回王者・帝京大はコールド勝利 高崎健康福祉大、慶大、明大は2桁得点で快勝

2024.03.16


帝京大・宮島英輔 ※写真提供=関東地区大学準硬式野球連盟

11日から開幕した第66回関東地区大学準硬式野球選手権大会(以下、関東大会)。15日は3回戦6試合が行われ、帝京大や高崎健康福祉大、東海大らが勝利した。

前回王者・帝京大が初戦を迎え、宇都宮大に7対0のコールド勝ち。序盤3回まで0対0と重苦しい展開だったが、帝京大が4回に1点を先制すると、試合が動き出す。
5回以降も帝京大が得点を重ねて主導権を握ると、守っては先発・宮島英輔が5回までヒット1本に抑える好投。7対0で迎えた7回、二死2、3塁と初めて得点圏にランナーを背負っても、最後の打者を打ち取ってベスト16入りを果たした。

宮島は「初回から落ち着いて投げきることができた」と初戦独特の難しさを感じることなく、淡々と投げきった。「次も落ち着いて、淡々と投げられるように頑張りたい」と語った。4回戦でも好投なるか。

シード校・高崎健康福祉大も、13対2の5回コールドで勝利。初回から1点を奪うと、2回には9番・磯 泰成の内野安打で追加点。「自分の一打で流れを変えることができて良かった」と磯が語るように、3回以降は高崎健康福祉大がペースを握り、5回までで13得点を記録して勝利した。

その他、慶應義塾大は20得点、明治大は15得点で3回戦突破。東海大は先発・原口 武琉が5回無失点の好投もあり、6対4で亜細亜大から勝利。試合を作った原口は「チーム全員で力を合わせて勝ち切れてよかった」と接戦を制したことに喜びを見せた。

16日は3回戦2試合が予定されている。シード校・日本大が初登場であり、16日をもってベスト16が出揃う。

<15日の試合結果>
帝京大7-0宇都宮大
高崎健康福祉大13-2日本大理薬生産
日本体育大13-0東京理科大
慶應義塾大20-6学習院大
東海大6-4亜細亜大
明治大15-2共栄大

<16日の試合予定>
日本大-横浜国立大
青山学院大-東洋大

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.16

【12球団4番打者成績一覧】開幕ダッシュに成功した4番はOPS1.1超のWBC戦士!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード