News

大注目の本格派右腕・今朝丸裕喜(報徳学園)、初戦は愛工大名電も「相手は気にしていない。自分の投球をするだけ」

2024.03.14


今朝丸 裕喜(報徳学園)

第96回選抜高等学校野球大会の甲子園練習が13日に阪神甲子園球場でスタートした。

報徳学園間木 歩(3年)、今朝丸 裕喜(3年)ら投手陣がマウンドに上がり、その感触を確かめた。

中でも注目の投手が今朝丸だ。昨年のセンバツでも4試合に投げて準優勝に貢献。3月の練習試合では自己最速を151キロに更新しており、今大会で屈指の右腕として評価を高める可能性は高い。

1年ぶりに甲子園のマウンドに立った今朝丸は「去年、この舞台でやらせてもらって、また帰ってきたなというのはありました。練習でやっている通りには投げられたと思います」と甲子園練習を振り返った。

開幕を5日後に控え、「去年は緊張ばかりしていて、今年は楽しもうと決めているので、楽しみが一番かなと思います」と現在の心境を語ってくれた今朝丸。1回戦の相手は優勝経験もある愛工大名電に決まったが、「自分のピッチングをするということを決めているので、相手はあまり気にしていないかなと思います」と動じることはない。

昨秋の時点で72~3㎏だった体重は80㎏まで増え、球速のアベレージも140キロ台前半から145~6キロまで向上している。今春の甲子園では昨年より大幅に成長して姿を見せてくれそうだ。

<関連記事>
◆【トーナメント表】センバツ大会 組み合わせ
◆センバツ出場23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材! 登場日、注目ポイントを徹底解説!
◆【一覧】センバツ注目選手リスト
◆【センバツ組み合わせ】大阪桐蔭・報徳学園・作新学院・愛工大名電が同ブロックで潰し合い! 健大高崎、広陵が優勝を狙える好日程!
◆【センバツドラフト候補・右投手編】今朝丸(報徳学園)、平嶋(大阪桐蔭)、小川(作新学院がBIG3!大会を盛り上げる速球派右腕9人を紹介!
◆【センバツ出場32校紹介】昨年準V報徳学園が、強力投手陣を武器に22年ぶりの全国制覇狙う
◆昨年センバツ準優勝の報徳学園が目指す「リベンジ日本一!」エースで主将・間木歩「チャレンジャーとしてやるべきことをやりたい」

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード