News

大学生スラッガー・西川史礁が2打数2安打の衝撃デビュー!主砲・村上、井端監督も「並の大学生ではない」と絶賛!

2024.03.07


青山学院大・西川史礁

3月6日、「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ 2024日本 vs欧州代表」の第1戦が京セラドーム大阪で行われ、日本代表が5対0で勝利を収めた。

この試合で大学生として唯一出場したのが青山学院大の西川 史礁(4年=龍谷大平安)だ。2対0とリードした5回裏に塩見 泰隆(ヤクルト)の代走として出場すると、3番・近藤 健介(ソフトバンク)の2点適時二塁打で生還。6回表からは中堅の守備についた。

すると、一死から後方へのフライを下がりながら好捕。「センターフライを捕ることができて、緊張がほぐれました」と守備から自分の流れに入ることができた。

その裏には二死一、二塁の好機で打席が回る。西川の打席から登板したランクリン・ファンフルブ(オランダ)が投じた初球の変化球を積極的に振り抜き、三塁線を破る適時二塁打を放った。

ファンフルブは右横手投げの変則投手。代わり端の初球を捉えることは簡単ではないはずだ。それでも結果を残した秘訣は普段通りを貫いたからだと西川は話す。

「どんなピッチャーに代わっても初球からスイングすることが自分の持ち味でもありますし、毎打席考えていることなので、あまり難しく考えすぎず、シンプルに初球から行こうと思った結果がああいう結果につながって良かったと思います」

この打撃には4番を打つ村上 宗隆(ヤクルト)も称賛の言葉を送っていた。

「積極的にスイングを仕掛けられるというのは凄く良いところだと思いますし、それに加えて結果も出るということは良いスイングをしている証だと思います。こういう舞台で結果を残すことが本当に難しいことは僕もわかっているので凄い大学生だなと思ってみていました」

西川は8回裏の第2打席でも左前安打を放ち、2打数2安打1打点。「緊張があった中だと思いますが、ファーストスイングから振れたというところと、その後のヒットもそうなんですけど、スイングしたのがそのままファールにならずに飛んでいくというところが並みの大学生ではないと思いましたね」と井端弘和監督は評価していた。

和歌山県出身の西川は龍谷大平安高時代に2年春の甲子園で8強入りを果たしている。龍谷大平安といえば、長時間のアップで柔軟性を鍛えていることで有名だ。西川のスイングはアップで毎日行っているブリッジで培われたものだと語っている。

「自分のスイングの特徴は背筋を生かして振ること。大学に入ってウエイトトレーニングをして筋肉がつき、そういう柔らかさも加わってさらに飛距離が伸びたと思います」

高校時代に柔軟性を鍛え、大学に入ってから体を大きくして侍ジャパンに選出されるまでになった西川は龍谷大平安の育成成功例を象徴する存在だろう。

7日の第2戦でも活躍が期待される。「明日も出番を頂けたら、精一杯頑張っていきたいと思います」と次戦に向けて意気込みを語っていた。

<関連記事はこちら>
◆【一覧】井端ジャパン 3月欧州代表戦メンバー
◆井端監督 新生侍ジャパン誕生記者会見 全文! 大学生カルテットを選んだ理由
◆高卒4年で398試合出場は世代トップ 侍ジャパン入りを果たした紅林弘太郎の凄さとは
◆大学生ドラフト期待度ランキング【2024年新年版】
◆「井端ジャパン」選出のドラ1候補・宗山塁(明治大)が「右肩甲骨骨折」 チームには帯同する予定
◆【一覧】侍ジャパン大学代表候補選手

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】