News

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.22


大阪桐蔭時代の松尾 汐恩

DeNA正捕手争いに、22年ドラ1の19歳が割り込もうとしている。

21日の練習試合、広島戦の6回に代打で出場した松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭出身)が、左前安打をマーク。1軍練習試合「初安打」を放った15日の日本ハム戦2打席目から、2打数2安打だった前回17日の練習試合(中日戦)に続いて、3試合連続の「4打席連続安打」の好調ぶりをアピールした。

今年のキャンプの練習試合では、ここまで4試合に出場し、8打数4安打、打率5割。初戦の12日(中日戦)こそ2打数無安打だったが、ここ3試合連続でヒットを放つ活躍を見せている。

三浦監督もこの活躍に目尻を下げているようで、若手捕手のアピール合戦を喜んでいる。

21日までの練習試合で起用された捕手の打撃成績は以下の通り。
松尾 汐恩 4試合8打数4安打1打点
益子 京右 4試合6打数2安打2打点=B班へ
山本 祐大 5試合10打数2安打1打点
東妻 純平 5試合10打数3安打3打点1本塁打

ここまで打撃で結果を残しているのは松尾だが、他の3人もそれぞれの持ち味をアピールして、開幕1軍、正捕手争いを繰り広げている。これまでB班で調整してきた戸柱 恭孝捕手(鹿屋中央出身)、伊藤 光捕手(明徳義塾出身)もA班に合流。今後、激しいポジション争いが本格化する。

昨シーズンは戸柱、伊藤、山本が主に起用されてきたが、確固たるレギュラーは存在しない。そのレギュラー争いに、今季高卒2年目の松尾が「参戦」。打撃面では開幕1軍はおろか、レギュラーの座を奪うほどのアピールを続けている。

伝説の捕手として活躍した谷繁元信氏は、チーム初の高卒(江の川出身)ドラフト1位捕手で、プロ1年目から1軍で起用された。谷繁氏以来、チーム2人目となるドラフト1位捕手の松尾が、2年目でのレギュラー奪取に燃える。

<関連記事>
DeNAキャンプメンバー一覧
DeNA投手陣の救世主になる!? 高卒3年目右腕が猛アピール!
DeNA期待の星・松尾汐恩はどんな2年目を過ごすべきか? ルーキーイヤーは規格外の活躍!
【一覧】2022年U-18日本代表の進路

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.21

【関東】帝京が2発12得点のコールド勝ち、常総学院はセンバツV校に競り勝って4強入り<春季地区大会>

2024.05.21

【東海】中京大中京が20年ぶりに春の東海チャンピオンに輝く<春季地区大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>