News

DeNA投手陣の救世主になる!? 高卒3年目右腕が猛アピール!

2024.02.20


専大松戸時代の深沢 鳳介

DeNAに、若き先発ローテーション候補が誕生した。高卒3年目の右腕、深沢 鳳介投手。2021年ドラフト5位で指名を受け、専大松戸(千葉)からDeNAへと入団した。

昨シーズンまでの2年間で1軍での登板機会はなかった。しかし、昨シーズンは2軍で18試合に登板し、チームトップタイの6勝(6敗)を挙げ、防御率3.28と才能の高さを見せた。

今春のキャンプをA班でスタートさせると、2月12日の中日戦(練習試合)では先発2回無失点、同18日のロッテ戦(練習試合)ではリリーフで登板し、3回完全投球を披露した。ここまで2試合で5回を投げ無失点、被安打1、奪三振2、与四死球0と、ほぼ完璧に近いかたちでアピールを続けている。

アクシデントが無ければ、この後のオープン戦でもチャンスが与えられることは間違いないだろう。そこでも結果を残すことができれば開幕1軍入りも見えてくる。

DeNAの先発投手事情としては、決して楽観できる状況ではない。長年チームを支えてきた今永 昇太投手(北筑出身)がポスティングシステムを用いてMLBカブスへと移籍。昨シーズンの救世主となったバウアーも自由契約となった。MLB球団との交渉がまとまらなければ再契約することはありえるが、現時点で計算にいれることはできない。

昨シーズン復活を遂げた東 克樹投手(愛工大名電出身)や大貫 晋一投手(桐陽出身)に、新加入の森 唯斗投手(海部出身)らの名前が挙がるも、通年を通して先発としての結果を残した経験のある投手は多くない。新たな戦力の台頭が上位進出には必要不可欠だ。

そのなかで深沢の好投は大きい。いきなり実働1年目から規定投球回到達はむずかしくとも、先発ローテーションの谷間を埋める働きができれば、高卒3年目としては上出来だ。

近年のDeNAは生え抜き高卒投手が伸び悩んでいる。生え抜きの高卒投手で規定投球回に到達したのは、現在監督を務める三浦大輔(2013年)が最後。深沢がその壁を超える第1歩を今シーズン踏み出すことができるだろうか。

開幕1軍入りを賭けることになるオープン戦で、大きなチャンスをつかみにいく。

<関連記事>
”飛躍の3年目”DeNA小園と深沢が一軍キャンプ!
DeNA1位・度会が春季キャンプ快音連発!
DeNAがキャンプメンバーを発表!
DeNA育成の星・石川達也ら3人が育成→支配下を勝ち取る
「2年連続打点王を狙う」DeNA・牧、達成すれば”伝説のマリオ”以来の偉業! 

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?