News

田中正義(日本ハム)のストレートは「打てない」!?移籍2年目、さらにアップグレード中!

2024.02.13


創価大時代の田中 正義

日本ハムに移籍して2年目を迎える田中 正義投手(創価高出身)の仕上がりが、「エグイ」と評判だ。11日の楽天との練習試合に登板した田中は、最速150キロをマークし、1イニング2三振を含む完全投球を見せた。その直球はうなりを上げるような勢いのある球で、2三振ともに直球の空振り三振だった。

新庄監督も「打てないでしょ」と大絶賛。本人も納得の表情で自分の投球を振り返った。昨年25セーブを挙げて、日本ハムの守護神としての地位を確立した右腕が、今年は絶対的な守護神への成長を予感させた。

ゆったりとしたフォームからリリース時だけに、全力のパワーを注ぎ込む。今春のキャンプでは無駄な力を省いた投球フォームを追求し、ジャイロフォークとスイーパーの新球への挑戦も行っているという。アップグレードにも余念がないが、その土台ともいうべき直球の仕上がりは完璧に近い。ファンの間でも今季への期待は高まるばかりだ。

2016年、5球団の競合の末にクジを当てたソフトバンクにドラフト1位入団した。しかし度重なるケガと、直球のキレが戻らないことで苦しんだ。そして2022年オフ、日本ハムからFAでソフトバンクに移籍した近藤 健介外野手(横浜高出身)の人的補償で日本ハムに移籍。23年は守護神となり、初セーブをマークした時はお立ち台で涙した。新球団で「リスタート」に成功した右腕は、移籍2年目にさらなる飛躍にまい進している。

2016年ドラフト1位の同期には、西武の今井 達也投手(作新学院出身)、中日の柳 裕也投手(横浜高出身)、阪神・大山 悠輔内野手(つくば秀英出身)、オリックス・山岡 泰輔投手(瀬戸内高出身)が、指名された球団で主力として君臨している。今年は、移籍を経験し苦労した「ドラ1」右腕が、本当の実力を発揮する番だ。

思い返せば2016年ドラフトでクジを外したものの、日本ハムは田中をドラフト1位で指名している。その時は「縁」がなかったかもしれないが、再び選んでもらった「縁」を胸に、田中がその剛腕を振り続ける。

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.05

【佐賀】佐賀北が2季ぶり14度目の優勝<春季大会の結果>

2024.04.05

【山口】高川学園は柳井商工と大島商船の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.05

【岐阜】岐阜、海津明誠などが敗者復活から県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.05

【神奈川】桐光学園と東海大相模、横浜と慶應義塾がそれぞれ同ブロックに<春季県大会組み合わせ>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?