News

「新規格バット」「投手への声掛け制限」「走者なしの2段モーションOK」…高野連が’24年の高校野球特別規則を発表!

2024.02.10


写真はイメージ

日本高校野球連盟は9日、2024年シーズンの高校野球特別規則を発表した。

2023年度からの大きな変更点は、以下の3点。

1 金属バットが新規格に完全移行
2 「タイムの制限」の 一部追加と改正
3 「投手の投球姿勢」と 「反則投球の取り扱い」の削除

金属バットは以前より周知されており、各校が今シーズンから新しい規格のものを使用する。昨年までの規格は公式戦では使用できなくなる。

タイムの制限には、こう書き加えられた。

(1)内野手(捕手を含む)が投手のもとへ行ける回数を、1イニングにつき1回1人だけとする。
① 伝令が投手のもとに行ったときは、内野手(捕手を含む)が投手のもとへ行った回数に数えない。
② 投手が交代したとき、最後の準備投球の後に内野手(捕手を含む)が投手のもとへ行けば、内野手(捕手を含む)が投手のもとへ行った回数に数える。
③ タイブレークに入った場合も同様とする。

伝令も含め、マウンドに内野手が2人以上集まることができるのは、1試合3回まで(延長戦はそれまでの回数に関係なく1イニング1回まで)で変わりはない。だが、これまで制限がなかった内野手(捕手を含む)1人がマウンドに行って投手に声をかけることを、1イニングにつき1回1人だけとすることが加わった。

これにより、例えば、捕手がタイムをとってマウンドに行って投手に声をかけた場合は、同じイニングでは他の内野手も含めて1人だけがマウンドに行くことはできなくなる。

日本高野連では、「当該規則の主たる目的は試合のスピードアップ。高校野球の魅力の1つは、時間制限のないスポーツの中でもスピーディーな試合運びで、その一投一打が、選手たちの成長や感動を野球ファンに与えてくれていることです。しかし近年、内野手(捕手を含む)が投手のもとへ頻繁に行くケースが散見されるようになりました。MLBはじめNPB、アマチュア野球界も試合時間短縮、ボールゲームの原点回帰に向かっています。高校野球においても、その原点回帰の視点に立ち、本規則改正とし、社会人・大学野球と同じ運用にすることとしました」と加盟校への説明文に記し、社会人野球、大学野球と同じ運用になった。

なお、1試合に3回まで使える伝令などを使ってのタイムは、残りの回数があるならば、1イニングに複数回使っても差し支えない。

「投手の投球姿勢」と「反則投球の取り扱い」については、2018年度の規則改正で、走者がいない時に、いわゆる二段モーションで投げてもペナルティーを課せられなくなったが、高校野球では特別規則に従来通りの旨を記載してきた。日本高野連では当初、「高校野球は裾野が広く、また、主大会がトーナメント方式であり、打者が初めて対戦する投手が多いとの理由から、投球姿勢に制限を設けた」としていたが、「相応の期間が経過したことに加え、昨今のテクノロジーの進化で、大学・社会人・プロをはじめとした他の上位カテゴリーの投手の投球フォームを参考にする投手が増えています。高校野球においても、投手の投球姿勢を公認野球規則通りとしました」と2つの項目を削除し、ペナルティーを課さないことを決めた。

これによって走者がいない場合は、いわゆる二段モーションをしても、反則投球はとられないことになる。走者がいる際は、投球中に止まればボークとなる。これは従来の野球規則通り。

高校野球特別規則2024年版は、日本高野連のHPで確認できる。

<関連記事はこちら>
今年の夏の甲子園は8月7日開幕!抽選会は4日に予定!
センバツ出場・京都国際 選考委員が会見で絶賛した「超速攻守交代」を行う理由
【朗報】今春センバツ 5年ぶりの甲子園練習実施! ようやく戻る風物詩 2020年コロナ禍で中止に

 

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.03.18

【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>