News

センバツ出場・京都国際 選考委員が会見で絶賛した「超速攻守交代」を行う理由

2024.01.31


1月26日に開かれた第96回選抜高校野球大会の出場校選考委員会で、近畿地区小委員会での選考経過を読み上げる寶馨選考委員長(日本高校野球連盟会長)からこんなコメントがあった。

「3校目の京都国際高校(京都)は、近畿大会でベスト4に進出し、左腕エース中崎投手がストレートと変化球を変幻自在に操り、防御率1.44と安定した投球を見せます。テンポも非常に良く、内野守備の堅守を引き出します。この堅守をもとにした接戦に強いのが持ち味であります」

ここまでは通常の選考経過コメントだが、「特筆すべきこととして、近畿大会出場16校中、攻守交代に要する時間が最も早いということが挙げられます。全国大会では攻守交代に1分を要することもありますが、京都国際は50秒を切ることもありました。打撃にはやや課題がありますが、高校野球の原点でもあるキビキビとハツラツとした姿勢は、センバツに相応しいチームであると評価されました」と続けた。

選考経過報告において、「キビキビ」「ハツラツ」というワードは時折聞かれる。今回も東北地区の学法石川(福島)でそのワードが聞かれた。だが、「50秒を切る」と攻守交代タイムが語られることは非常に珍しい。京都国際のイニング間の動きが高く評価されたのだろう。

選考委員会の翌日、反応が気になり、京都国際を訪ねた。

案内してくれた大山遥飛マネージャー(2年)によると、発表の時は練習前のグラウンド周辺掃除をしていて、京都国際の校名を読み上げるインターネット中継は見ていなかったという。後刻、京都国際の攻守交代が評価されたと知り、「ビックリしました」と振り返った。

小牧憲継監督は「(打力が課題で)攻撃時間も短いからキビキビしているように見えたんですかね。(選考委員は)時間まで測っていたとは」と冗談も交えながら選考委員会での高評価に驚いていた。しかし、こう続ける。「早くというには特に言ってないのですが、私が生徒たちに話しているのは、自分のプレーの準備をする時間を作ろうということ。例えば早くポジションにつけば、風の確認や、手でグラウンドをならす時間を作ることもできる。試合中は応援もあって声が通りにくいこともあるので、コミュニケーションの時間にもできると思います。(ベンチに)戻ってくる時も攻撃の準備ですね」。小牧監督によると、これは今年のチームだけではなく、これまでもやってきていたことだという。

試合を見てもわかるが、決して「攻守交代=全力疾走」ということではない。守備に就く際に全力疾走で息が上がってしまっては何もならないので、自分のペースの駆け足でキビキビと動くことで、ダラダラしたように見えないというのがポイントだろう。

選考委員会後の記者会見で「攻守交代を素早くすることを他校にも奨励したい」と寶会長が話していたことを伝え聞いた小牧監督は、驚きながらも「うれしいですね」と表情を緩ませていた。

この記事の執筆者: 松倉 雄太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.03.18

【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>