News

黄金ルーキー「東都ドラ1の7人衆」キャンプ一軍は2人のみ!トミージョン手術の草加は不参加、4人が二軍スタート

2024.01.30


東都ドラ1・7人

昨年のドラフトを沸かせた「東都大学リーグドラ1の7人衆」。全員がマックス150キロ超えの剛腕で、将来のエース候補として期待が高い。

この7人の現在の状況をまとめていきたい。春季キャンプで一軍入りしたのは二人だけである。

最速153キロ左腕 武内 夏暉(國學院大)西武1位→一軍スタート
最速155キロ右腕 西舘 勇陽(中央大)巨人1位→一軍スタート
最速153キロ右腕 草加 勝(亜細亜大)中日1位 →トミージョン手術のため不参加
最速158キロ左腕 細野 晴希(東洋大)日本ハム1位 →二軍スタート
最速155キロ右腕 常廣 羽也斗(青山学院大)広島1位 →二軍スタート
最速155キロ右腕 下村 海翔(青山学院大)阪神1位→二軍スタート
最速152キロ右腕 西舘 昂汰(専修大)ヤクルト1位→二軍スタート

草加は自主トレ中に上半身の違和感を訴え、16日、右肘内側側副靱帯損傷と診断された。30日、トミージョン手術のため、不参加と報道された。大学ラストシーズンは142回を投げたことや、投球フォームに負担がかかりやすいところが一因かもしれない。
今年はリハビリ中心。復帰は来季後半といわれているが、ブレイクができるための土台作りをしっかりと行っていきたい。

細野は二軍スタート。16日にブルペン入りし、順調に仕上げている。球団としては無理させず、細野を仕上げようとしている雰囲気が感じられる。
常廣は勉学専念のために、調整が遅れた。無事に卒業できて、しっかりと野球に専念できる状況にしていきたい。
下村は初ブルペンが19日。キレの良いボールを投げており、ボールの内容を高く評価されているが、首脳陣は二軍調整に専念させる意向だ。

武内は17日にブルペン入りし、23日に3度目のブルペン投球。威力ある直球、精度の高い変化球を披露し、仕上がりは順調で、一軍にあたるA班キャンプ入り。新人王を目標に掲げているように、このオフ期間、メンテンスをしつつ、しっかりと練習してきたのがうかがえる。怖いのは怪我だが、球団もじっくりと経験を積ませるのではないか。

西舘勇は去年のオフから阿部 慎之助監督が本指名5人を一軍キャンプ入りすると報じていたように、合同自主トレに入るまで、精力的にトレーニングを行い、16日に初ブルペン。仕上がりの良さは示し、キャンプへ向けてしっかりと準備ができている。

西舘昂は21日、上半身のコンディション不良が判明。ノースロー調整を行っている。西舘昂は大学ラストシーズンで、125.1回を投げた。かなりのイニングを投げているので、じっくり調整を行って、実戦登板をしてほしい。

トータルでみるとスロースタートとなった7人衆だが、シーズンが終わった時には最高の結果を残せるように、仕上げてほしい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード