News

【センバツ出場32校紹介】大阪桐蔭 史上初・秋の近畿3連覇を達成! エース平嶋、超1年生中野、主砲ラマルら逸材ズラリ!

2024.01.28


平嶋 桂知 ・ ラマル・ギービン・ラタナヤケ

2024年の春の訪れを告げる第96回選抜高校野球大会(センバツ)の出場校が決まった。3月18日から阪神甲子園球場で繰り広げられる戦いの「主役たち」を紹介していく。

【大阪桐蔭(大阪)=5年連続15度目】
常勝軍団の大阪桐蔭は甲子園の常連。今年も投打に強力布陣を敷いての出場となる。秋の大阪を決勝で履正社に1点差勝利で5連覇すると、近畿大会では破壊力こそないが確実に得点を重ねて競り勝って、大会初の秋3連覇を達成した。明治神宮大会では初戦敗退を喫したが、近畿大会4試合では2試合の完封試合を含め、自責点4と投手力が安定している。

大阪桐蔭の昨年秋の明治神宮大会準々決勝のスタメンは以下の通り。

(右)境 亮陽(2年)
(中)吉田 翔輝(2年)
(左)德丸 快晴(2年)
(三)ラマル・ギービン・ラタナヤケ(2年)
(一)吉野 颯真(1年)
(捕)増田 湧太(1年)
(二)山路 朝大(2年)
(遊)賀川 陽日(2年)
(投)平嶋 桂知(2年)

自慢の投手力では背番号1の平嶋 桂知投手(2年)が中心。最速は154キロを誇り、大阪大会でも好投を見せた。1年生右腕の中野 大虎投手は最速149キロと伸び盛り。「スーパー1年生」としてセンバツの活躍にも期待される。

打撃面では例年ほどの爆発力はないが、ポテンシャルが高い選手は多い。德丸 快晴外野手(2年)は1年秋からレギュラーで、珍しい「両投げ」外野手。4番に座るラマル・ギービン・ラタナヤケ内野手(2年)も1年生から注目の打者で、スリランカ人の両親を持ち、強肩俊足の「ロマン砲」でもある。1番に起用されている境 亮陽外野手(2年)はもともと投手で140キロ超の速球を投げる。「根尾2世」とも呼ばれ、投打二刀流での活躍も見られるかもしれない。

甲子園での優勝は春4回、夏5回と出場校でトップを誇る。近年もセンバツでは昨年は4強で、一昨年は優勝と上位進出を果たしている。今年の特徴でもある投手力を生かして、東邦(愛知)に並ぶセンバツ史上最多5回目の頂点を狙う。

<大阪桐蔭の甲子園実績>
センバツ出場15度目=34勝9敗(優勝)
夏選手権出場12度=41勝7敗(優勝)
(※カッコ内は過去最高成績、20年センバツは大会中止)

<大阪桐蔭の昨年秋の成績>
★大阪大会
2回戦 6-3 太成学院大高
3回戦 12-3 関西創価
4回戦 9-1 上宮
5回戦 3-2 近大附
準々決勝 5-4 大体大浪商
準決勝 18-1 桜宮
決勝 3-2 履正社
★近畿大会
1回戦 6-0 高田商(奈良)
準々決勝 4-3 報徳学園(兵庫)
準決勝 4-0 京都国際(京都)
決勝 2-1 京都外大西(京都)
★明治神宮大会
準々決勝 5-9 関東一(東京)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

【春季沖縄大会】与勝がベスト16へ、打撃好調の1番・仲新門 大惺が4打点をマーク

2024.03.30

健大高崎が逆転勝利で初の決勝進出、群馬県勢69年ぶりの快挙!星稜あと1歩に泣く

2024.03.31

健大高崎・石垣元気が150キロ! 高校2年投手の150キロ超えは安樂以来、11年ぶり!【2024年センバツ 140キロ超え投手一覧】

2024.03.30

【福岡】大牟田、九州国際大付、自由ケ丘、九産大九産が8強入り、31日は福岡大大濠-西日本短大附<春季大会の結果>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.25

阿南光の吉岡が14K無四球完封で初の8強入りに導く、熊本国府の反撃実らず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】