News

野球選手が風邪をひきやすいワケ【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.01.23


ハードな練習の後は十分な栄養・休養をとることが大切

野球選手は日頃からハードな練習やトレーニングなどを行っていることから、「強靱な肉体を持つ」「丈夫な体」といった健康的なイメージをもたれがちです。ところが実際には体力レベル以上に体を酷使したり、疲労がたまった状態でさらに運動を続けたりするため、体の免疫機能が低下して風邪などの感染症にかかりやすいともいわれています。加えて野球はチームスポーツであるため、チームメイトをはじめとする他者との接触機会が多いことも感染症のリスク要因となります。

特にオフシーズンは体を鍛えて大きく、強くしたいということで筋肉に負担のかかるウエイトトレーニングなどを行う機会も増えると思います。こうしたトレーニングはパワーアップに欠かせないものですが、トレーニング後の体は筋線維が傷んでいると同時に、激しい運動によってウイルスなどに対する免疫機能も低下しているといわれています。筋線維の修復や免疫機能を回復させるためには十分な栄養と休養(睡眠)が不可欠ですが、これらが不足した状態では、パワーアップどころか結果的にはコンディションを低下させることにつながります。

また寒い時期は空気が乾燥し、感染症を引き起こすウイルスが活発に活動しやすい時期とも重なってしまいます。たとえウイルスなどの病原体が体内に侵入したとしても、体の免疫機能が正常であれば、感染・発症を防ぐことが可能ですが、免疫機能の低下した状態では体内に侵入した病原体によってインフルエンザや風邪などの感染症にかかりやすくなってしまいます。さらに長期的に体力回復のバランスが崩れた状態で過ごしていると、やがてはオーバートレーニング症候群を発症し、練習そのものを休まざるを得ない状況になってしまいます。

こうしたことを理解し、ハードな練習やトレーニングを行った後は十分な栄養・休養をとるように心がけることや、体の免疫機能を下げないように生活習慣を見直すことが、コンディションを崩さないためのポイントであることを覚えておきましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!