News

監督なし! 学生がスタメンも練習も決めるのは当たり前! 「自由」「主体性」「ハイレベル」それが準硬式の現場だ!<田中裕毅の『準硬ドットコム』第3回>

2024.01.17


多様なチーム運営方法

野球チームにはプレーヤーである選手がいて、監督やコーチなど指導者がいる。
と、当たり前のことを綴ってみたが、大学準硬式ではそんな常識は通じない。チーム運営は学生たちが中心なのだ。選手間でサインを出したり、スタメンやメンバー交代を決めたりするのも日常茶飯事。大会運営も学生が積極的にかかわっているのだ。
言うまでもなく大学準硬式は、サークルや草野球のレベルではない。全日本大学準硬式野球連盟は、213大学270チームが加盟する全国組織だ。75年の歴史を誇り、全国大会も開かれている。プロ野球選手も今年のオリックスに5位指名された明治大準硬式出身の高島 泰都投手(滝川西出身)など、たびたび輩出。今年は大学卒業後、独立リーグでプレーする中京大準硬式の道崎 亮太投手(東邦出身)など、再び硬式の世界の一線に戻る選手も多い。

準硬式のチーム運営は実に多様である。硬式野球部のように、推薦で選手が入部してくるようなチーム、高校野球のような指導者のいるチームもある。一方で学生たちがすべてを運営する、というチームもある。その中間にあたる、指導者はいるが毎日は関わらないチーム、監督が試合中のサインだけは出すチームなんかもあるのだ。

学生主体チームで全国制覇

2021年の清瀬杯で優勝した東海大札幌校

この学生主体チームがけっして弱いわけではない。全国大会にも出場しているのである。
実際、私が活動した日本大学三崎町がそうだった。基本は学生主体で運営。試合の時に指導者が来て采配する状況だった。
私の入部当初は新関東リーグ1部に昇格したばかり。春は入れ替え戦に回ってしまうなど、2部降格の心配をするような状況だった。

しかし、2年時、チーム全体で「優勝しよう」という目標を掲げた。選手同士でチーム運営方針を固めて、練習時間を増やした。結果、その年の1部では春秋優勝、さらには全国大会ベスト4進出。3年生でも全国大会出場と、たった1年でガラリと結果が変わったのである。

また、学生主体のチーム運営で全国制覇を成し遂げたチームもいる。2021年の清瀬杯第53回全日本大学選抜準硬式野球大会で優勝したのは東海大札幌校だ。その時の主将・平澤輝はチーム運営についてこう語っている。
「もちろん同級生などの意見を取り入れながら、うまくまとめています。でも、監督がいないので、どうしても“我”が出てしまい、まとめられないときもありました。そこをまとめるのが自分なので、そこは難しいと思います。
ただみんなで楽しく、チーム全体で雰囲気よく野球をすることが出来るところが、学生主体、もっといえば準硬式の良いところだと思っています」

学生主体で自由だからこそ、チームを強くすることもできれば、弱くすることもできる。自分たちの意志1つで、さまざまなことに挑戦できる場が準硬式なのだ。自由だからこそ楽しく、そして厳しい。それが準硬式という魅惑の世界である。
昨今、学生スポーツの現場での行き過ぎた指導がたびたび問題となっている。学生自らが考え、行動できる準硬式球界の部員数がいま増え続けているのも納得である。

取材・文/田中 裕毅(準硬式野球評論家)
小学3年生から中学生までは軟式野球。高校での3年間は硬式野球をプレー。最後の夏は控え捕手でベンチ入りを果たす。
大学から準硬式野球で3年間プレー。大学2年、3年生のとき、チームは清瀬杯大会に出場し、自身はベンチ入り。さらに3年生の1年はチームの主務として、選手登録やリーグ戦運営に携わる。特に春季リーグはリーグ委員長として、試合日程の調整をはじめとした責任者を任される。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【兵庫】東洋大姫路、神戸国際大附がコールド発進<春季県大会>

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>