Column

当時から高校生離れした守備をしていた土田龍空(中日)!理路整然とした守備理論に感銘【新連載! 主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.2】

2024.01.14


土田 龍空

高校2年生が語った「圧巻の守備理論」

甲子園後に行われた福井国体で、私は彼の“別格の守備”に再び心を奪われました。
高知商戦の試合前のシートノックから素晴らしい動きを見せた龍空選手。試合に入っても好プレーを見せます。直前でイレギュラーした打球を逆シングルで捕球。アウトにはなりませんが、反射神経の高さに驚かされました。また、普通のショートゴロでも処理するスピードが他のショートと段違いでした。

こうした守備を見て、いつかじっくりと取材したいという思いが巡ってきました。そのチャンスは翌年に訪れ、春季近畿大会後に行われました。

龍空選手に聞きたかったことは、ショートへのこだわり、グラブへのこだわりでした。『高校野球ドットコム』では守備の名手と呼ばれた藤田 一也内野手(鳴門第一出身)などプロ野球選手にグラブのこだわり、その選手が手にするグラブの設計ポイントについて聞いたインタビューを配信していたので、そのインタビューを見直し、グラブについても聞くポイントもまとめました。

実際にインタビューに臨むと、龍空選手は想像以上に探究心が深い選手ということが分かりました。中学2年生からショートを始め、最初は全く対応ができなかったようですが、動画サイトで憧れとする今宮健太(ソフトバンク)、宮本慎也氏(元ヤクルト)など一流遊撃手の動画を見て研究を重ね、捕球の仕方を学びました。
中学時代に所属していた湖北ボーイズの1学年上に荒木 相斗内野手(比叡山-國學院大)という好ショートがおり、その先輩に憧れた龍空選手は荒木選手の動きも参考にしながら、ある気づきがあったといいます。それはステップの仕方。
「それまで踵をべたっとつけていたのですが、ショートになってからつま先だけ着地して動くようになりました。捕球してからすぐにスピード感を持って動くために足運びの意識を変えたことは大きかったです」

捕球の仕方も変えました。これまで5本指に捕球していたものから2本指に変化。それによって送球のスピードがぐっと速くなったと手応えをつかんだようです。グラブにもこだわり、内野手のグラブは横型で小さいグラブを使う選手が多いのですが、龍空選手は持ち替えの速さを意識して、縦型で深めのものにしていました。

その後も私は、タッチの仕方、スナップスローで意識していること、打球の対する見方など、守備に必要なスキルについて次々と質問していきましたが、龍空選手は理路整然と自分の理論を説明。他の選手にはないハイレベルの守備の背景には、確固たる守備理論があることに気付かされました。私自身、非常に楽しいインタビューでもありました。
2019年夏の甲子園にも出場した龍空選手。抽選会の会場で再会し、いろいろと話をしたことを覚えています。

当時、インタビューに答えた土田龍空

 

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?