News

謎多き準硬式野球の世界!使うボールは「見た目は軟式、中身は硬式」<新連載・田中裕毅の『ジュンコードットコム』>

2024.01.03


野球界は硬式、軟式の2つがあることは、みなさんもご存じだろう。実はもう1つ、可能性に満ち溢れた知る人ぞ知る世界、「準硬式」がある。
2023年のドラフトでオリックスから5位指名を受けた高島泰都投手(滝川西出身)。社会人野球の王子からの加入で、即戦力右腕と評価されているが、実は明治大学時代、準硬式の世界で過ごしてきた選手である。
ほかにも、中京大の準硬式出身、道崎亮太投手(東邦出身)が独立リーグ「⽇本海リーグ」の富山サンダーバーズへの入団が決まっている。
隠れた逸材が潜む準硬式の世界。2023年は甲子園で大会を開催するなど、その裾野は徐々に広がりつつある。

この「準硬式」の世界の面白さをこの連載ではお伝えしたい。

準硬式で使うボールはどんなもの?

左から軟式、準硬式、硬式球

硬式・軟式・準硬式……。違いはボールにある。
そもそも準硬式の試合で使われるボールはどんなものなのか。
なかには重さや大きさが硬式球と同じで、構造が空洞になっているKボールと同じものと考える人もいるだろうが、球の構造に違いがある。
表面そのものはゴムで覆われている。だから硬式球のように縫い目というものはなくて、見た目は軟式球だ。しかし中身は、以下の条件に則して適度にコルクの粉末と樹脂を混ぜて糸を巻き付けた芯が詰まっている。硬式球とほぼ同じ構造なのだ。

直径:71.5~72.5cm
重量:141.2~144.8g
反発力:50.0~70.0cm
※参照:全日本大学準硬式野球連盟

準硬式球

まとめると、「見た目は軟式、中身は硬式」。それが準硬式球である。だからどちらの要素も詰まっている球であるところから準硬式野球には「ハイブリッドベースボール」と別称もある。
球の違いは分かった。でも大事なのはプレーの感覚だ。特に表面がゴムになり、縫い目もなくなったことは投手にとって様々な影響がある。硬式経験選手たちはこう話す。
「どうしても縫い目がない分、指先でかけにくい」
「なかには硬式と同じ感覚で変化球を投げられない」

準硬式時代の高島泰都投手

事実、硬式に比べ、およそ5キロ球速が出にくいと言われている。こう書くとネガティブな印象を持ってしまうかもしれない。しかし、準硬式の利点は体への負担の軽さにある。
上述の通り、準硬式の重量は140g前半。硬式球は141.7g〜148.8gで、数字ではあまり差がない。しかし、実際に投げてみると、準硬式球は軽く感じる。実際、強豪校出身の選手がケガを抱えていたことがあって、大学準硬式を選択するケースは多い。体への負担を減らしながら、準硬式の舞台で活躍した選手を、私もたくさん見てきた。

富山GRNサンダーバーズに入団する道崎亮太

また球速が出にくいと言われているものの、取材をしてきた中で、ほとんどの選手がスピードアップに成功している。なかには13キロも最速を更新する選手が現れるなど、努力次第では、十分適応できるのだ。
一方でバッターは硬式と同様、金属バットでプレーすることが許されている。もちろん、高い意識を持つ選手は木製バットを使っている人もごくわずかいる。ただほとんどが金属バットでプレーしているので、正直、飛距離は出やすい。
とはいえ、一番は手にしてプレーしてみることだ。硬式よりもずっと手軽に、楽しむことができる。また、準硬式の試合もぜひ見てもらいたい。その迫力に驚くだろう。

取材・文/田中 裕毅(準硬式野球評論家)
小学3年生から中学生までは軟式野球。高校での3年間は硬式野球をプレー。最後の夏は控え捕手でベンチ入りを果たす。
大学から準硬式野球で3年間プレー。大学2年、3年生のとき、チームは清瀬杯大会に出場し、自身はベンチ入り。さらに3年生の1年はチームの主務として、選手登録やリーグ戦運営に携わる。特に春季リーグはリーグ委員長として、試合日程の調整をはじめとした責任者を任される。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!