Column

11年連続NPB指名の徳島インディゴソックスがたたき出した驚異の「94.65」 独立リーグの2023年を総括

2023.12.31


指名を受けた徳島インディゴソックスの6選手

侍ジャパンのWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)3度目の制覇からはじまり、高校野球でも明徳義塾・馬淵 史郎監督率いる侍ジャパンU-18代表がWBSC・U-18野球ワールドカップ初戴冠を果たすなど、日本野球が栄光に彩られた2023年もまもなくおわり、新しい年「2024年」がまもなくやって来ようとしている。
そして日本における年明けの風物詩といえば……小中高大の学校入学試験、いわゆる「お受験」。ここで若者たちにとって大事な要素は志望校の「偏差値」である。学力だけでなく、人気や学校力の指標ともいえる偏差値が高い学校であればあるほど、その後の未来を切り拓く上でもプラスに働く。ここに疑問を挟む余地はないであろう。
では、この偏差値を昨年10月の「ドラフト会議」にて育成ドラフト含め実に23人が指名される大躍進を遂げた独立リーグ球団になぞらえ偏差値で格付けしてみると、いったいどのようになるのだろうか?詳しい説明は後にしてまずは「ベストナイン」の偏差値をご覧いただきたい。

算出は過去5年間まで遡り、ドラフト指名選手に限定。連年のドラフト指名選手輩出に対して1年ごとに1人当たり0.2点を得点として加算(計算式は平均をA、標準偏差をB、得点をC(i)とし、偏差値T(i)=(C(i)-A)/B×10+50)すると……。やはりというか、当然というべきか、11年連続でドラフト指名選手を輩出中、今季は独立リーグ史上タイとなる2位指名を受けた椎葉 剛など、実に6名が夢を叶えた徳島インディゴソックスが突出した偏差値を叩き出した。

その要因については過去に「高校野球ドットコム」上でも触れて(新人王候補に急浮上した茶野篤政など5年で11人をNPBに送り出す徳島インディゴソックスの育成術)いるが、数字上でも改めて証明された形となった。また、4年連続でのべ5人の育成指名があった茨城アストロプラネッツや、今季はじめて3名の育成ドラフト指名選手を輩出した愛媛マンダリンパイレーツなども偏差値をあげる結果となった。
果たして、2024年には驚異の「偏差値100」を超えそうな徳島インディゴソックスを脅かす独立リーグ球団は現れるのか?それとも徳島インディゴソックスがさらなる成長を遂げるのか?この「お受験」格付けが各年代の選手、関係者のみなさまへの指針となれば幸いだ。

この記事の執筆者: 寺下 友徳

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード