News

山下 舜平大、髙橋宏斗…逸材揃いのドラフト2020年高卒投手の現在地

2023.12.29


アメリカのCBSスポーツで、「今後数年間で日本からやってくる選手は誰だ?」と題して、3人のNPBプレーヤーの名前を挙げている。ロッテ・佐々木 朗希投手(大船渡高出身)、ヤクルト・村上 宗隆内野手(九州学院出身)、そしてオリックス・山下 舜平大投手(福岡大大濠出身)だ。

佐々木と村上は、侍ジャパンの一員としてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも参加しており、アメリカでも広く知られていても何ら不思議ではない。一方の山下は、実質23年が1年目。それにもかかわらず、記事内では「広く知られていないかもしれないが、佐々木の後継者として明らか」との評価を受けている。

山下は2020年ドラフト1位で指名を受け、福岡大大濠(福岡)からオリックスに入団。1年目、2年目ともに1軍登板がなくシーズンを終えた。2年目は日本シリーズでベンチ入りはしたが、登板はなかった。そして3年目の今シーズン、開幕投手に抜擢されると、そのまま先発ローテーションに定着。最後は故障で戦列を離れたものの、16試合で9勝3敗、防御率1.61と、堂々の成績を残して、新人王を受賞した。故障が癒えれば、24年も先発ローテーションの一角に加わることは間違いなさそうだ。

このように、山下は著しく成長しているが、高卒3年目を迎えたその他の投手たちは、どのような状況なのだろうか。

2020年のドラフト会議で1位指名されたのは、山下の他に中日・髙橋 宏斗投手(中京大中京)がいた。髙橋も山下と同じく1年目は1軍での登板がなかった。しかし2年目から1軍に定着。6勝を挙げる活躍を見せ、WBCでは侍ジャパンの一員として金メダルに貢献。今シーズンは規定投球回にも到達し、7勝をマークした。ここまでの通算防御率も2.50と、着実にエースへの道を歩んでいる。

このドラフトで2位指名されたのは、ロッテ・中森 俊介投手(明石商出身)だけだった。中森は3年目の今シーズンに1軍デビューを果たすと、13試合(2先発)で3勝をマークしている。勝ち星こそつかなかったが、9月3日の楽天戦では5回1失点と先発でも結果を出した。

ドラフト3位以下の投手では、日本ハム(5位)・根本 悠楓投手(苫小牧中央出身)と、楽天(6位)・内 星龍投手(履正社出身)がブレークしつつある。根本は1軍での登板は少ないものの、今シーズンは5試合に先発し3勝1敗、防御率2.88と好結果を残し、オフにはアジアチャンピオンシップの侍ジャパンにも選出された。来シーズンは開幕ローテーションに入ってきそうだ。

ドジャース・山本 由伸投手(都城高出身)に似た投球フォームの内は、今シーズン1軍デビューを果たし53試合に登板。一時は勝ちパターンとして起用されるなど、7ホールドを挙げ、防御率2.28の好成績を残している。

育成ドラフトからは、中日育成2位・上田 洸太朗投手(享栄出身)と、西武育成4位・豆田 泰志投手(浦和実出身)の2人が、すでに支配下登録された。中継ぎとして起用されている豆田は、今シーズン16試合の登板で1セーブ、6ホールド、防御率0.59と圧巻の数字。来シーズンは守護神を目指すことになる。

2020年のドラフト会議で指名された高卒の投手は、アメリカでも注目されている山下だけでなく、WBCにも出場した髙橋や中継ぎの内、豆田らが、高卒3年目までに一定の結果を残している。一方で、まだ結果を残すことができていない選手たちもまだ若い。来シーズン以降、世代のトップランナーたちに追いつき、追い越すことに期待がかかる。

<2020年ドラフト会議で指名された高卒の投手>
※育成指名は支配下昇格した選手のみ

山下 舜平大福岡大大濠→オリックス1位)
髙橋 宏斗中京大中京→中日1位)
中森 俊介明石商→ロッテ2位)
松本 隆之介横浜高→DeNA3位)
小林 樹斗智辯和歌山→広島4位)
福島 章太倉敷工→中日4位)
加藤 翼帝京大可児→中日5位)
根本 悠楓苫小牧中央→日本ハム5位)
田上 奏大履正社→ソフトバンク5位)
高田 琢登静岡商→DeNA6位)
嘉手苅 浩太日本航空石川→ヤクルト6位)
内 星龍履正社→楽天6位)
上田 洸太朗享栄→中日育成2位)
豆田 泰志浦和実→西武育成4位)

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>