News

冬休みとディトレーニング【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2023.12.29


休み期間中はオフシーズンに鍛えたものを失わないように工夫しよう

年末年始やお盆休み、テスト期間などによって全体練習がしばらく休止している時はトレーニングに費やす時間が短くなったり、しばらく休んだりすることがあると思います。適度な休みはトレーニング効果を高めるためにも必要不可欠なものですが、続けてきたトレーニングを一時中断、もしくはある一定期間行わないことによって今まで積み上げてきたトレーニング効果が部分的、あるいは全体的に失われてしまうことを専門用語で「ディトレーニング」と言います。ディトレーニングはケガをしてしばらく練習やトレーニングから離れている時などにも見られることがあります。

ディトレーニングによる生理学的な影響は、トレーニングを継続していた期間や選手個人の熟練度にもよりますが、主に持久力と筋機能に変化が見られると言われています。一週間から10日間ほどの短い期間であれば顕著な筋力低下は見られませんが、持久的なパフォーマンスはなだらかに低下する傾向があります。これが長期(4週間以上)にわたると、持久的な体力要素とともに筋肉量や筋力が低下していくようになります。

ディトレーニングの影響を受けないためには、トレーニング強度を維持したままトレーニング量を減らす高強度トレーニングや、普段とは違った環境、方法などを用いるクロストレーニングなどを採用することが勧められています。冬休み期間は環境が整えば、何度か短時間で高強度のトレーニングを行ったり、いつもとは違ったスポーツなどを行ったりすると今まで継続してきたトレーニング効果を維持することにつながります。年末年始の休暇期間でもあるため、休むときは休む、トレーニング効果を維持するために体を動かす、といったように心身のリフレッシュをはかりながら、来るべきシーズンに備えていきましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード