News

【高校野球ベストシーン’23・山梨編】迫力満点だった東海大甲府の打撃、終盤の逆転劇でつかんだ夏甲子園

2023.12.27


夏の甲子園を経験した益岡 潤平

2023年もあとわずか。ことしも高校球界ではさまざまな印象的な出来事があった。都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

近年の山梨大会では山梨学院が強さを誇っているが、23年は春夏秋とすべて優勝チームが異なった。春季大会は、決勝で甲府工山梨学院を延長12回のタイブレークの末に16対15で勝利。夏は東海大甲府駿台甲府を6対2で破って優勝。新チームの秋は山梨学院が5対2で帝京三を破った。そのなかで、際立ったのは夏に優勝した東海大甲府。とにかく打ちまくった。

初戦の甲府一戦で10対0の6回コールド勝ちで発進し、3回戦も都留を10対3で破った。ここまではよくあるパターンではあるが、準々決勝からは終盤の打撃力が強力だった。

青洲との準々決勝。7回に6失点を喫するなど、7回を終え7対11と逆転を許したが、全く動じない。8回に1点を返すと9回には一気に3点を奪って土壇場で追いつく。延長10回裏には中俣 光陽捕手(3年)のサヨナラ満塁弾で勝負を決めた。

準決勝でも終盤の逆転劇を見せた。7対10と甲府工にリードされて迎えた8回に、兼松 実杜外野手(3年)の2打席連続となる本塁打などで一気に5得点。9回にも2点を奪って突き放した。

決勝は2対2で迎えた6回に4得点して優勝を飾った。この3試合で、17安打、19安打、13安打を放ち、打率.430を誇った。3試合で6本塁打が飛び出し、兼松が3本、中俣が2本、早坂 慶士内野手(3年)が1本の本塁打を放っている。

夏の甲子園では初戦で専大松戸(千葉)に5対7で敗れた。しかし、この試合でも6回に4連打などで3点を挙げるなど、11安打を放って大舞台でも打撃力を発揮した。メンバーの多くは大学への進学を予定。4年後の姿が楽しみである。

東海大甲府の山梨大会決勝スタメン
(左)小笠原 蛍(3年)※横浜商科大進学予定
(二)小日向 魁源(2年)
(中)兼松 実杜(3年)※東海大進学予定
(三)岡田 翔豪(2年)
(右)立石 怜久(3年)※東海大進学予定
(捕)中俣 光陽(3年)※東海大進学予定
(一)早坂 慶士(3年)※横浜商科大進学予定
(遊)益岡 潤平(2年)
(投)長崎 義仁(3年)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【兵庫】東洋大姫路、神戸国際大附がコールド発進<春季県大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】慶應志木がドラフト候補・冨士大和から2点をもぎとり、完封勝利で県大会へ!大宮東は夏ノーシードスタート

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>