News

横浜隼人OB会による野球教室が開催! オリックス・宗が2本のさく越えで会場を沸かせる!

2023.12.25


ホームランを放つ宗佑磨と驚く子どもたち

24日、神奈川県少年教育親善野球連盟と横浜隼人高等学校硬式野球部OB会が主催となって野球教室が開かれ、招待された22チームから、小学5、6年生およそ220名が参加した。

野球人口の普及や、地域の少年野球を活性化させるために始まった野球教室。今回で14回目を数え、過去最多となる子供たちが参加した。講師も横浜隼人OBから14人が登場し、3年連続でゴールデングラブ賞とベストナイン選出のオリックス・宗 佑磨内野手。さらに同じオリックスの佐藤 一磨投手や西武のルーキー・青山 美夏人投手といったNPB選手。ほかにも社会人で活躍する選手たちなど豪華な顔ぶれが並んだ。

「ケガが無いように楽しくやっていきましょう」という宗の一言から野球教室が始まると、まずランニングやアップ。すると、宗の方から早速子どもたちへ積極的にコミュニケーションを取って距離を縮めた。声をかけられて興奮気味の選手たちと会話をすると、宗はそのあとのプログラムでも質問攻めにあう。

「全身を使って投げるにはどうすればいいですか」と質問を受けると、「膝に余裕を持たせて投げよう」とアドバイス。素振りをする前に「しっかりピッチャーをイメージして、タイミングをとって自分の形でフルスイングしよう」と自ら子どもたちに声をかけている姿もあった。

マンツーマンで指導する横瀬辰樹

一方でキャッチボールの際には、青山が現役投手として、フォームに関するアドバイスを送る姿があり、子どもたちも見よう見まねで実践していた。またゴロ捕球では、スバルでプレーする横瀬 辰樹内野手が、ショートバウンドの捕球について、マンツーマンで指導を行った。

最後には模範プレーということで、来年からBCリーグ・神奈川フューチャードリームスでプレーする加藤 大投手、そしてオリックス・佐藤投手が立ち投げを披露。さらに宗も模範プレーとしてロングティーを実施。2本のさく越えをマークして会場を大きく沸かせた。

その後、閉会式、記念撮影で今回の野球教室が終了。最後まで笑顔の絶えないイベントとなった。参加した選手からは「オリックスファンだったので会えるのを楽しみにしていたんですが、実際に会うと背が大きかったので、『さすがプロ野球選手』だと思いました」という声もあれば、「教えてくれることは、普段から言われていることもあれば、聞いたことのないこともあって、勉強になりました」という感想もあった。

また指導者もイベント中、選手たちと談笑する姿があったが、「選手たちが楽しく野球をしてもらえるような話し方をしており、勉強になりました」と、選手同様に有意義な時間を過ごし、満足している様子だった。

野球教室に参加した子どもたち

野球教室終了後、今回参加した宗は「子どもたちが元気で良かったですし、こちらも元気をもらえた」と来季に向けて、英気を養うことが出来たようだ。

近年、NPBをはじめ野球教室を開くことが多くなった。高校野球でも実施するチームが増えてきたが、OB選手たちが一堂に集まって、子どもたちに指導するケースは少ない。改めて横浜隼人というチームのつながりの強さを確認することが出来た。

と同時に、チーム主催ではなく、OB選手による野球教室でも、参加した子供たちの目はキラキラと輝いていた。チーム、連盟単位に限らず、OBたちの力も借りながら野球教室を開催していくことも、今後の野球界を盛り上げていくには必要だということを再確認できるイベントだった。

<参加講師>
宗 佑磨
佐藤 一磨
青山 美夏人
左澤 優
加藤 大
鈴木 誠
船木 吉裕
伴 義弘
藤澤 浩太
林 明良
吉川 雄真
加賀谷 皓規
河野 真大
横瀬 辰樹

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード