試合レポート

春の王者・青山学院大、楽天ドラ6中島の「技」で日本文理大に堂々勝利!<明治神宮大会・大学の部>

2023.11.19


<第54回明治神宮野球大会:青山学院大8-4日本文理大>◇18日◇大学の部・準々決勝◇神宮

6月の全日本大学選手権を制して日本一となった青山学院大(東都)。この秋も、大激戦となった東都大学野球リーグを勝ち点3ながら7勝5敗で、2位の日本大を勝率で上回って優勝を果たしての出場となった。明治神宮大会の出場は18年ぶり7回目となる。

対する日本文理大(九州三連盟)は春の全日本選手権大会も出場しているが、明治神宮大会は7年ぶり2回目の出場だ。九州地区大学連盟の代表で九州三連盟代表決定戦では、鹿屋体育大、福岡大、九州共立大を下しての出場だった。さらに、今大会でも、1回戦では関西六大学連盟の名門・大阪商業大(関西五連盟第2)に競り勝って準々決勝進出を果たしている。

試合は、青山学院大が初回、先頭の中島 大輔外野手(4年=龍谷大平安)がいきなり中越え二塁打。安藤 寧則監督も、「あれで、いい感じで試合に入ることができた」と評価していたが、続く佐々木 泰内野手(3年=県立岐阜商)が粘って中前打を放って先制。佐々木は高校時代の鍛治舎巧監督から伝授された、追い込まれてからはノーステップスイングで粘ってファウルして、自分の狙い球を捉えての中前打と、技ありの1本と言っていいであろう。

2回にも青山学院大は2死一、二塁から1番・中島が三遊間を破って2点目。

日本文理大も3回に先頭の7番・粟国 陸斗内野手(2年=具志川商)が左中間二塁打を放って、バントと犠飛で1点差とした。こうして追いすがっていくのだが、さすがに青山学院大は勝負強い。すぐに4回、2人目の新垣 瑠依投手(4年=具志川商)を捉えて、2番・佐々木が再び適時打を放って2点差とする。

そして、青山学院大は7回には、4番・西川 史礁外野手(3年=龍谷大平安)の2ランが飛び出し、さらに2点を追加。

8回にも青山学院大は失策と3四球でチャンスを貰い、押し出しと6番・渡部 海捕手(1年=智辯和歌山)の二塁打などで3点を追加した。

こうして、あわやコールドゲームかという展開にまでなったのだが、日本文理大も9回、青山学院大の3人目松井 大輔投手(4年=県立岐阜商)に対して、1死から中溝 治尋外野手(3年=龍谷)の二塁打など4本の安打で攻めて、2点を返した。

しかし、最後は、青山学院大の4人目として登板した鈴木 泰成投手(1年=東海大菅生)が何とか抑えて粘る日本文理大を退けた。

日本文理大の中村 壽博監督は「前半は僅差でついていくことができていたのですが、失策が出たり四球で崩れていったのは残念だった。攻撃面では、皆でつないでいこうということで、コールド負け寸前までいったところで、よくこらえて食い下がることができたのはよかった」と、選手たちの粘りは評価していた。

青山学院大の安藤 寧則監督は、「対戦したことのない相手でしたので、不安もありましたが、何とかいい戦いができました。先発の下村(海翔=4年・九州国際大付)はそんなに良くはなかったのですが、まとめる力はある投手なので、しっかりとゲームは作ってくれました。初回の中島の二塁打は、いけるぞ! という気持ちにさせてくれました」と、試合を振り返っていた。

また、阪神1位指名の下村も「チームは勝ったのでよかったのですけれども、自分の投球に関しては満足していません。四死球を出してしまったことも反省点です。今日は打者に助けられた形になりました」と言いつつも、「調子が悪い中でも、何とかフォークを使って投球ができるようになったのは自分の成長かなとも思います」と、冷静に自分の投球を分析していた。

青山学院大は春秋の連続日本一へ向けて、いいスタートを切ったといっていいであろう。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード