Column

決勝に勝ち進む2チームはどこだ!? 明治神宮大会準決勝2試合のポイントを解説

2023.11.19


熊谷俊之介(関東一)・モイセエフ ニキータ(豊川)・能美 誠也(星稜)・小川哲平(作新学院)

明治神宮大会高校の部は準決勝を迎える。決勝進出を決めるのはどのチームになるのか、2試合の見どころを紹介していきたい。

第1試合 作新学院(栃木)vs関東一(東京)
関東エリアの真の王者を決める戦いとして、注目度が高まっている。作新学院はエース・小川 哲平投手(2年)が北海戦で9回無失点の好投。中2日で試合を迎えるこの試合は休養十分で、いいピッチングを見せてくれそうだ。打線は9回まで点を取ることはできなかったが、本来、得点力は高い。お得意の速攻で、試合の主導権を握っていきたい。

対する関東一は準々決勝で優勝候補・大阪桐蔭(近畿)を破り、勢いに乗っている。打線は140キロを超える速球投手にも対応ができることを証明した。作新学院戦でキーマンとなるのは左腕エースの畠中 鉄心投手(2年)。球速は130キロ前半程度だが、カーブ、チェンジアップの精度が高く、緩急をうまく使える。左打者が多い作新学院に対しては畠中がどれだけ試合を作ることができるか。ここまでの2試合、早めに代打を送って継投策で勝ち上がってきたが、畠中の踏ん張りを期待したい。

また、2試合連続で失点している坂井 遼投手(2年)がどこまで修正できるか。
どちらも攻撃力が高いチームなので、点の取り合いが予想される。

第2試合 豊川(愛知)vs星稜(石川)
高知(四国)との打撃戦を勝ち上がった豊川(愛知)は、初戦で2安打を記録したモイセエフ ニキータ外野手(2年)がキーマンとなるだろう。高知戦では、反撃の口火を切る適時二塁打、そして9回裏には同点犠飛と、チームを勢いづける一打を放っている。モイセエフの前に走者を溜めておきたい。それ以外の各打者も調子は良い。投手陣に不安を抱えるだけに打撃戦に持ち込んでいきたい。

星稜は2試合続けての逆転勝利で勢いに乗っている。青森山田(東北)戦で勝ち越し2ランを放った4番・萩原 獅士内野手(2年)など上位打線が勝負強さを発揮しており、この試合でも一気に畳み掛ける打撃を見せていきたい。投手陣は佐宗 翼投手(2年)、道本 想投手(1年)の継投策で凌ぐことになりそうだ。ここまで両投手をうまくリードする能美 誠也捕手(1年)のリードにも注目だ。

シーソーゲームが予想される。最後まで手に汗握る戦いを期待したい。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!