News

楽天 今オフは「厳冬更改」 、2000万円以上年俸アップは3人だけ

2023.12.17


小深田 大翔

楽天の鈴木 大地内野手(桐蔭学園出身)が16日、来季の契約交渉に臨み、6000万円の大幅ダウンとなる1億4000万円(金額は推定)でサインした。4年契約の最後のシーズンだった今季は、打率.244、27打点と、思うような成績を残せなかった。来季は1年での単年契約を結び、這い上がる気持ちで臨むことになりそうだ。

チームも2年連続の4位に終わり、今オフの契約更改も少々寂しいものになっている。16日現在で契約を更改した選手のうち、金額的な大幅アップは小深田 大翔内野手(神戸国際大附出身)が最高で、3500万円アップの8500万円。2000万円以上のアップは、鈴木 翔天投手(向上出身)の2150万円アップの3200万円と、小郷 裕哉外野手(関西高出身)の2250万円アップの3100万円の2人。若手の台頭は目立ったものの、ベテランも含めたチーム全体の成績には結びつかなかった。

元ヤンキースの田中 将大投手(駒大苫小牧出身)の契約交渉も注目されている。昨オフ、9億円から大幅ダウンの4億7500万円となっていたが、球団は今オフに減額制限を超える年俸を提示しているといわれている。2年連続で2億円を超える金額のダウンとなりそうで、交渉は越年が確実の状況だ。今季は7勝11敗で、防御率はNPBでワーストの4.91。2年連続で2ケタ敗戦の屈辱を味わい、楽天復帰後3年は20勝32敗と大きく負け越している。日米通算200勝まであと3勝。来季の復活が待たれる。

来季は今江敏晃新監督のもとスタートする。来年オフは「バラ色」の契約更改となるよう、チームが一丸となって突き進むことが求められる。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード