News

ソフトバンク・近藤健介が昇給3億超! 柳田悠岐との”11億円KY砲”で王座奪還へ!

2023.12.16


ソフトバンクの近藤 健介外野手(横浜高出身)が契約更改の交渉に臨み、5億5000万円プラス出来高(金額は推定)でサインした。なんと、3億500万円のプラスだという。FAで日本ハムから今季ソフトバンクに移籍し7年契約を結んでいたが、FA移籍1年目で思うような成績が残せない選手もいるなか、最高のパフォーマンスを見せた。3億円超のプラスも、うなづける。

本塁打王、打点王、最高出塁率の「3冠」を含め、キャリアハイを移籍1年目で次々とマークしたことが驚きに値する。26本塁打、87打点だけでなく、全試合出場の143試合、75得点はプロ12年で最高の数字だった。

さらに近藤の「得意技」でもある選球眼も冴えわたり、これまたキャリアハイの109四球を選んだ。申告敬遠7はリーグトップだ。

何より、143試合全試合に出場しながら、出塁率.431、長打率.528で、OPSは.959をマークし、これもすべてリーグトップの数字となった。塁に出て、本塁打も打てて、打点も稼げる。チームの勝利に直結する活躍だった。

思い返せば、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも、ドジャース・大谷翔平(花巻東出身)の前を打ち、打率3割超え、5割の出塁率をマークするなどの活躍で、日本の世界一に貢献。その疲れも見せずにシーズンを突っ走った。

チームメートの柳田 悠岐外野手(広島商出身)とは、安打、打点でリーグトップ争いを演じたが、チームは3位に終わった。すでに5億7000万円で契約更改を終えた柳田と、5億5000万円の近藤。24年シーズンは11億2000万円のコンビで、リーグ奪回を図る。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>