試合レポート

関東一、自慢の機動力とスタメン起用・成井の活躍で初戦突破! 熊本国府、初の全国大会は惜敗に終わる<明治神宮大会>

2023.11.16


関東一2番成井6回二塁打

<第54回明治神宮野球大会:関東一6-2熊本国府>◇15日◇高校の部・1回戦◇神宮

関東一(東京)は盗塁0でも、関東一らしい走塁が光った一戦だった。
九州代表の熊本国府は、エースの坂井 理人投手(2年)が先発。打順も左翼手に山下 勝耀外野手(2年)を起用した以外は、九州大会と打順も含め、同じメンバーであった。一方、関東一は、都大会では1イニングを投げただけの大後 武尊投手(2年)が先発。都大会では代打で起用されることが多かった成井 聡外野手(2年)を2番に抜擢。都大会では2番打者であった坂本 慎太郎外野手(1年)は、3番に入った。大後の起用の理由について、米澤貴光監督は「これまで投げる機会がありませんでしたが、調子がいいので」と語る。

試合は1回、関東一が、足の速い1番の飛田 優悟外野手(2年)が二塁打を放ち、2番・成井が遊ゴロ。これが、二塁走者の飛田と重なるように転がったこともあり、遊撃手が失策。一、三塁となり、3番・坂本の遊ゴロで関東一が1点を先制する。
関東一の先発・大後は、球威はさほどないものの、丁寧な投球で、走者は出しても得点は与えない。4回に2死一、二塁のピンチがあったが、遊撃手・市川 歩内野手(2年)の好守もあって、無失点で切り抜ける。

熊本国府の坂井は、1回に失点したものの、2回以降は抑える。「接戦に持ち込むという、うちがやりたい展開でした」と、熊本国府の山田祐揮監督は言う。
試合が動いたのは5回。関東一は6番・越後 駿祐内野手(1年)が左前安打で出塁し、8番・小島 想生内野手(2年)の三ゴロで二塁に進む。好投の大後に代えて代打に送った堀江 泰祈捕手(2年)が右翼に痛烈な打球。安打になれば得点になると右翼手が突っ込んだが捕球できず、三塁打となって関東一は貴重な追加点を挙げた。熊本国府の山田監督は、「2点目が重かったです」と語る。

6回は、この回先頭の関東一の2番・成井が中前安打。外野の守備の動きをみて、成井は一気に二塁に進み、二塁打にした。さらに4番・高橋 徹平内野手(2年)の二塁打で関東一は1点を追加する。
関東一は5回から秋季都大会で完投勝利を挙げた坂井 遼投手(2年)が登板した。坂井は5回こそ3者凡退に抑えたものの、6回に四球で出した走者を一塁に置いて、熊本国府の6番・山下が右中間を破る二塁打を放ち、1点を返す。

熊本国府は右の坂井、左の横手投げの植田 凰暉投手(2年)の2本柱で九州大会を勝ち抜いてきたが、7回に植田を登板させる。「流れがきたところで、植田につなぐことを考えていました」と山田監督。6回に得点が入ったことで、まさに交代のタイミングという判断だった。
7回、関東一は、代わった植田により、あっさり2死となったが、9番に入っている坂井が中前安打を放ち、1番・飛田が死球で一、二塁。2番・成井の左前安打で坂井が生還した。成井の起用で、関東一は6回、7回の重要な場面で得点を入れた。これで試合の流れは完全に関東一に傾いた。

8回も1死一、三塁から7番・市川のセーフティースクイズで1点。8番ながら長打力もある小島の二塁打でさらに1点を追加した。関東一はスキのない走塁で少しでも先の塁に進んだことが、得点につながっている。
8回、熊本国府は、3番・内田 海外野手(1年)の二塁打などで1点を返したが、反撃もここまでだった。

熊本国府にとっては、全国の舞台は初めて。前半はある程度、自分たちのペースでできたものの、後半に突き放された。これからは、来年から採用される低反発バットへの対応が求められる。「小技と足を絡めた攻撃を練習しないといけません」と山田監督は語った。
勝った関東一は、次は大会3連覇を目指す大阪桐蔭と対戦する。「挑戦させてもらいます」と米澤監督は語った。今の力を試すには、これ以上ない相手であることは間違いない。
取材・文=大島 裕史

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!