News

阪神・佐藤輝明が語った野球を楽しむススメ 「『楽しい』っていう感覚が上達に繋がると思う」

2023.12.11


10日、甲子園で開催されていた「MIZUNO BASEBALL DREAM CUP Jr. Tournament2023 全国大会FINALラウンド」。ミズノが主催した少年軟式野球の全国大会に、ブランドアンバサダーである阪神・佐藤 輝明内野手(仁川学院出身)がプレゼンターで出席。超一流選手の登場に、会場からは大きな歓声があがった。

拍手とともに現れると、すぐに選手たちへ大会の感想を伝えつつ、選手たちへエールを送った。
「感情を表に出して悔しがったり、喜んだりする姿に感動しました。そうしたプレーは人を動かす力があることを改めて実感しました。だから僕も忘れないので、皆さんも忘れずに頑張ってください」

元々、感情をあまり出さないタイプだと自負する佐藤。だから余計に「選手たちの素直な気持ちを見て感動した」と改めて感じていたのだろう。

そんな佐藤が出席した今大会は、「みんなで褒め合おう!みんな笑顔で楽しもう!『ミスを怒らず、みんなで助け合う』野球大会」をコンセプトに掲げる。野球の楽しさを大事にする意向があるわけだが、佐藤もその重要性を強く語っていた。

「子どもって素直なので、良くも悪くも指導者のいうことを全部聞くと思うんです。だから、指導者に怒られたのを理由に、野球をやめることが一番勿体ないと思っています。
逆に『野球は楽しい』っていう感覚が上達に繋がると思うんです。厳しさは高校や大学でもあります。であれば、少年野球の時は楽しくやってほしいですし、大人も責任をもって野球を楽しく感じてもらえるように、指導をし続けて欲しいです」

野球人口の減少もあって、今大会は開催されている。佐藤も、1人の野球人として責任を感じている。と同時に、指導者の力も必要だと考えている。
「僕らが試合で活躍すること。また、こういったイベントでプレーして子どもたちと交流することも、野球の楽しさや野球人口増加のきっかけになるかもしれないです。でも、僕たちだけでは限界があります。だから、指導者が野球の楽しさを伝えるような指導をしてほしいです」

今年は38年ぶりの日本一に貢献した佐藤。これまで以上に、多くの子どもたちに野球の重さを伝えられたのは間違いない。会場でのサインを求める声、歓声の大きさを聞けば、その存在感の大きさはすぐわかる。チームの日本一連覇のため、そしてこれからの野球界のために、2024年も甲子園を沸かせる豪快な一発を見せて欲しい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?