News

4年ぶり出場の星稜は選手層の厚さが強み、2018年の準優勝以上の結果を狙う!<明治神宮大会出場校紹介>

2023.11.14

星稜先発の道本想

第54回明治神宮野球大会が15日に開幕する。北信越地区からは星稜が4年ぶりに出場。今夏の甲子園でベンチ入りしていた選手が8人残っており、投打に戦力が充実している。まずは勝ち上がりを見ていきたい。

体調不良続出も選手層の厚さで勝ち上がる

★石川県大会の戦績
2回戦 6-2 金沢龍谷
3回戦 12-0 大聖寺実
準々決勝 8-1 金沢
準決勝 5-3 金沢学院大附
決勝 6-5 日本航空石川
★北信越大会の戦績
1回戦 9-3 松商学園(長野)
準々決勝 10-0 敦賀(福井)
準決勝 6-1 北陸(福井)
決勝 1-0 敦賀気比(福井)

安定した試合運びで勝ち上がったように思われたが、大会期間に体調不良者が続出。北信越大会ではエースの佐宗 翼(2年)、主将の芦硲 晃太(2年)、旧チームからレギュラーの専徒 大和(2年)が準々決勝まで出場することができなかった。主力選手を欠く中でも勝ち上がることができたことで選手層の厚さを証明している。
強みは投手力の高さ
チームのストロングポイントは投手力。1年夏から甲子園のマウンドを経験している佐宗は制球力の高さとキレのある変化球を武器とする左腕だ。夏までは技巧派の印象が強かったが、夏から秋にかけてストレートの威力が増している。北信越大会準決勝の北陸戦では141キロに最速を更新し、救援した決勝の敦賀気比戦でも安定して130キロ台後半をマークしていた。
佐宗が離脱していた間に主戦を務めた道本 想(1年)は最速140キロの本格派右腕。力のあるストレートで押し込む投球が持ち味だ。北信越大会では準決勝を除く3試合で先発。19回3分の1を投げて2失点の好成績を収めた。守備陣も北信越大会4試合で1失策と安定しており、守りから崩れる心配はない。

経験豊富な打者陣も牽引
打撃陣は北信越大会の決勝こそ敦賀気比の竹下 海斗(2年)に抑え込まれたが、それまでの3試合では6点以上奪っている。敦賀戦で8点、北陸戦で4点を1イニングで奪うなど、ここぞの場面での集中打が光る。
芦硲、服部 航(1年)、萩原 獅士(2年)のクリーンアップは強いスイングを見せる。下位打線にも長打力のある能美 誠也(1年)や経験豊富な専徒が控えており、打線に切れ目はない。二遊間を組む吉田 大吾(2年)と中谷 羽玖(2年)の1、2番コンビはセンスのある好選手だ。ベンチにも敦賀気比戦でサヨナラ打を放った中島 幹大(2年)など力のある選手が控えており、主力が離脱しても穴を埋められるだけの人材が揃っている。
北信越の盟主として準優勝に終わった2018年以上の結果を残せるか。初戦は2年連続準優勝の広陵(広島)が相手だが、一歩も引かない戦いを見せてほしい。
【関連記事】
出場校一覧<明治神宮大会出場10校 戦力完全分析!「秋の高校野球日本一」はどこだ!?>を読む
注目選手一覧<【明治神宮大会】高校生注目選手リスト34人!この1年、高校球>を読む界を引っ張るスターは誰だ!?>を読む

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

1 Comment

  1. 匿名

    2023-11-14 at 11:08 PM

    星稜

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード