News

WBC優勝を経験した97年世代、伊藤大海と高橋奎二の特別トークショー マニアックすぎる質問にも真剣回答

2023.12.09


高橋奎二と伊藤大海

7日、梅田に店舗を構えるミズノオオサカ茶屋町にてイベントを開催。日本ハム・伊藤 大海投手(駒大苫小牧出身)、ヤクルト・高橋 奎二投手(龍谷大平安出身)の2人がゲストとして来店。2人の姿を間近で見ようと、東京や広島と言った遠方から55人のファンが会場に駆け付けた。

互いに1997年世代ということで実現した今回のイベント。トークショーやじゃんけん大会。さらには記念撮影など、およそ1時間半のイベント。途中、2人がシーズンで使っているグラブを回してファンが触れてみるサプライズも。会場に来なければ出来ない貴重体験に喜ぶファンの姿もあった。また最後には会場にいるファンからの質問に答えるシーンがあったが、「どうやったら腕を振れるようになるか」とかなりマニアックな質問に、やや笑みを浮かべるシーンもあったが、真剣な質問にプロとしてのアドバイスを送る。

「シャドーが大事だと思います。タオルをもって腕を振る練習をして、そこからキャッチボールでどんどん球を投げていくのが良いと思います」(高橋)
「あまり肘より先を意識するよりも、肘を操作することを考えた方がいいかもしれないです。そうすれば肘から先がついてきますし、しなるようにも使えると思います」(伊藤)

他にもそれぞれが得意とする変化球の握り、リリースの感覚など、かなりマニアックな話も出てきたが、なかなか聞くことが出来ない話にファンは興味津々。ファンとって充実の時間になったのは間違いない。
選手たちも同級生ということもあり、伊藤は「同級生同士でしたし、普段とは違ったイベントだったので、楽しかったです」と語れば、高橋も「他球団の選手とトークショーをやることはないので楽しいですし、ファンの方々も喜んでもらえてよかった」とファンとの交流を満喫した。同時に2024年に向けて、ファンからパワーをもらったのではないだろうか。特に伊藤は既に開幕投手として指名されるなど、来季に向けての準備は既に始まっている。1997年生まれの2人の活躍を楽しみにしたい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.05

【山口】高川学園は柳井商工と大島商船の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.05

【佐賀】佐賀北が2季ぶり14度目の優勝<春季大会の結果>

2024.04.05

【岐阜】岐阜、海津明誠などが敗者復活から県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?