News

新加入の新潟「補強6人組」は多彩な顔触れ! NPB通算は計1348試合の実績!

2023.12.07


田中 俊太、髙山 俊

来シーズンからプロ野球イースタン・リーグに加入することが決まっているオイシックス新潟アルビレックスBCが、NPB経験者の入団を次々に発表している。

12月6日時点で6人。全員、このオフに戦力外通告を受けてはいるが、タイトルホルダーも名を連ね、実績は十分にある。

最初に発表されたのが薮田 和樹投手(前広島)と三上 朋也投手(前巨人)のふたりだった。

薮田は今回加わった選手の中で唯一、先発投手としての実績がある。入団3年目の2017年には38試合(先発15試合)の登板で15勝3敗、勝率.833で最高勝率のタイトルをつかみ、広島の優勝に大きく貢献した。オフには日本代表にも選出され、アジアプロ野球チャンピオンシップに参加。金メダルを獲得している。近年は1軍で結果を残すことができなかったものの、実績は随一だ。

三上は中継ぎとして通算368試合に登板。10勝16敗23セーブ、121ホールド、防御率3.22と、結果を残し続けてきた。年間40試合以上の登板は5度あるタフネス右腕で、34歳の今シーズンも、1軍で22試合に登板しているのは心強い。

投手では、オリックスと阪神の2球団で104試合に登板した小林 慶祐投手(前阪神)も加入した。今シーズンは1軍で1試合のみの登板にとどまったものの、2軍では39試合の登板で16セーブを挙げ、最多セーブのタイトルを獲得。昨シーズンは1軍で10試合に登板し防御率1.59と結果を残していた。

野手では髙山 俊外野手(前阪神)、田中 俊太内野手(前DeNA)、園部 佳太内野手(前オリックス)の3人の加入が発表されている。

球団を通じて「全身全霊でプレーさせていただきたい」と決意を述べた髙山は、入団1年目の2016年に新人王を受賞した。以降は出番が減り、今シーズンは1軍での出場もなかった。しかし、2軍では92試合に出場し、打率.249(261打数65安打)、9本塁打と身体は元気な状態だ。

巨人とDeNAでプレーした田中は、内野の全ポジションを守ることのできるユーティリティープレーヤー。園部は育成契約だったため1軍での出場はないものの、今シーズン2軍では打率.278(72打数20安打)、1本塁打、OPS.751と、まずまずの結果を出している。

ここまでオイシックス新潟アルビレックスBCが獲得した選手と見ると、薮田と髙山のタイトルホルダーをはじめ、三上や小林といった経験豊富な中継ぎ投手や、ユーティリティープレーヤーの田中に、長打力が売りの園部と、異なる特徴を持つ選手が揃っている。来シーズン、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

<オイシックス新潟アルビレックスBCに入団する選手のNPB通算成績>

・薮田 和樹(広島)
123試合(304回)23勝11敗、6ホールド、防御率3.94
☆最高勝率(2017年)
・三上 朋也(DeNAー巨人)
368試合(346.2回)10勝16敗、23セーブ121ホールド、防御率3.22
・小林 慶祐(オリックスー阪神)
104試合(109回)2勝4敗、9ホールド、防御率4.13
髙山 俊(阪神)
467試合 打率.250(1320打数330安打)、20本塁打135打点23盗塁
☆新人王(2016年)
田中 俊太(巨人ーDeNA)
286試合 打率.227(519打数118安打)、7本塁打41打点10盗塁
園部 佳太(オリックス)
1軍出場なし

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

春季愛知大会 5つの地区予選を占う 全国屈指の激戦県、複雑な予選システムにも注目!

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!