News

2023年苦しんだ智辯和歌山OB、西川遥輝ら9人の来年に期待

2023.11.29


西川 遥輝・東妻 勇輔

楽天を戦力外となった西川 遥輝外野手(智辯和歌山出身)が、ヤクルトに入団した。今シーズンは、35試合の出場で打率.181(72打数13安打)1本塁打と苦しんだものの、実績は十分にある。ヤクルトでは左翼のレギュラー争いに加わることが期待されている。

西川は智辯和歌山(和歌山)出身。同校は今さら説明するまでもないが、和歌山県の名門高で、甲子園の常連として4回(春1回、夏3回)の優勝経験を持つ。

また、これまでにも多くのNPBプレーヤーを生み出してきた。現在も、西川を含め9人がプレーしている。

その中で、今シーズンある程度の結果を残すことができたのは、2人だけしかいなかった。そのひとりがロッテ・東妻 勇輔投手だ。東妻は2021年に37試合の登板で、防御率2.88と躍進した。22年はわずか3試合の登板にとどまったが、今シーズンは36試合の登板で、防御率2.91とV字回復。中継ぎの一角としてチーム2位の成績を支えた。

その他の投手をみると、広島・黒原 拓未投手が、5試合の登板で防御率10.66。高卒3年目の広島・小林 樹斗投手は、1軍登板がなかった。また、中日・岡田 俊哉投手は、開幕前に大怪我を負ったことで離脱。来シーズンは育成契約でスタートすることになる。

野手では、高卒3年目の日本ハム・細川 凌平内野手が、キャリアハイとなる60試合に出場した。打率.216(97打数21安打)と苦戦しているものの、バッテリーを除く7ポジションで起用されるなど、ユーティリティーぶりを発揮。来シーズンは、完全な1軍定着からのレギュラー奪取を目指すことになる。

その他の野手では、広島・林 晃汰内野手が、20試合で打率.207(58打数12安打)1本塁打に終わった。楽天・黒川 史陽内野手も、9試合で打率.091(22打数2安打)1本塁打と振るわず。DeNA・東妻 純平捕手は、1軍出場がなかった。

このように、智辯和歌山OBでは苦しんだ選手が多かった。チームを移り、心機一転となる西川をはじめ、その他の選手たちも、来シーズン飛躍することに期待したい。

<智辯和歌山OBの現役NPBプレーヤー>

岡田 俊哉(中日)
西川 遥輝(ヤクルト)
東妻 勇輔(ロッテ)
林 晃汰(広島)
黒川 史陽(楽天)
東妻 純平(DeNA)
小林 樹斗(広島)
細川 凌平(日本ハム)
黒原 拓未(広島)

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.27

指導者資格回復した清田育宏氏が語る将来の夢とロッテへの想い「子供たちに野球をやってよかった、と思える場所を作りたい」

2024.02.27

センバツ出場校に元U-15日本代表が8人!健大高崎の左腕、青森山田の三遊間は主力選手へ成長! 大阪桐蔭には3人が在籍!

2024.02.27

大阪高野連が今季の大会日程を発表!春の府大会は4月6日、夏の大阪大会は7月6日から開幕!【大会日程一覧】

2024.02.27

昨夏甲子園出場の北海のエース右腕・岡田 彗斗、大学準硬式を代表する左腕などが都市対抗4回出場の日本製鉄室蘭シャークスに加入!

2024.02.27

高卒3年目・髙木翔斗(広島)が開幕一軍へアピール!名門・県岐阜商唯一の現役選手!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.26

北陸の雄・金沢学院大学の新入生の経歴がすごい!U-18代表一次候補右腕、甲子園ベスト4の主将、甲子園ベスト8捕手などが入部!

2024.02.24

昨年ドラ1左腕を輩出した桐蔭横浜大が新入生を発表!作新学院の大型外野手、拓大紅陵のショートストップなど強豪校の逸材野手が加入予定!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!