News

「戦力外→他球団で契約」一度クビになっても”復活移籍”した選手が多い球団はどこだ?

2023.11.21


12球団合同トライアウトも終了しストーブリーグが本格化してきた。11月17日にはDeNAがソフトバンクを戦力外となった森 唯斗投手(海部高出身)を獲得するなど、各球団が補強を進めている。

この森のように戦力外通告(自由契約)を経て移籍する選手は毎年少なくない。近年はどこの球団からの移籍が多いのだろうか。コロナ禍となった2020年シーズンオフから2022年シーズンオフまでの3年間で調べてみた。調査は翌年の春季キャンプ終了までの契約とした。そのため3月に入ってから所属が決まった宮國 椋丞投手(糸満高出身、巨人→DeNA)などは含まれていない。

1位は、やはりソフトバンクだった。2020年から2022年の3年の間で7人もの選手が新しい所属先を獲得している。加治屋 蓮投手(宮崎・福島高出身、ソフトバンク→阪神)や、小澤 怜史投手(日大三島出身、ソフトバンク→ヤクルト)などは新天地で立派な戦力となり、チームの優勝に大きく貢献。両投手とも日本シリーズの舞台でも登板機会をつかんでいる。

すでに名球会入りを果たしていた内川 聖一(ソフトバンク→ヤクルト)もレギュラーとしての活躍はできなかったものの、移籍初年度に38試合に出場した。川島 慶三(ソフトバンク→楽天)、釜元豪(ソフトバンク→楽天)、渡辺 雄大投手(中越出身、ソフトバンク→阪神)、田城 飛翔(ソフトバンク→オリックス)の4人も移籍先を獲得した。

2位は日本ハム、楽天、阪神の4人。日本ハムは西川 遥輝外野手(智辯和歌山出身、日本ハム→楽天)、大田 泰示外野手(東海大相模出身、日本ハム→DeNA)のノンテンダーでの自由契約以外にも、上野 響平内野手(京都国際出身、日本ハム→オリックス)と宮台 康平(日本ハム→ヤクルト)が新天地へと羽ばたいた。

阪神は福留 孝介(阪神→中日)と能見 篤史(阪神→オリックス)の両ベテランが移籍。その他には、小野 泰己投手(折尾愛真出身、阪神→オリックス)と、尾仲 祐哉投手(高稜出身、阪神→ヤクルト)が移籍している。

楽天は藤田 一也(楽天→DeNA)が古巣へと戻り、近藤 弘樹投手(安佐北出身、楽天→ヤクルト)も一時、中継ぎとして結果を残した。山下 斐紹(楽天→中日)と、渡辺 佑樹投手(楽天→ソフトバンク)も移籍した。

以下、オリックスが3人、ロッテ、中日、巨人から2人、ヤクルトとDeNAからも1人が新たな所属先を得ていた。西武、広島を戦力外(自由契約)となり新たな移籍先が決まった選手は1人もいなかった。

今年も多くの選手が戦力外となったが、彼らは新天地をつかみ取ることができるだろうか。

<戦力外(自由契約)から移籍先が決まった選手の旧所属>
※2020年〜2022年
※春季キャンプ終了までに移籍

7人:ソフトバンク(川島 慶三、釜元豪、渡辺 雄大、内川 聖一、加治屋 蓮、田城 飛翔、小澤 怜史)

4人:阪神(小野 泰己、尾仲 祐哉、福留 孝介、能見 篤史
4人:日本ハム(西川 遥輝大田 泰示宮台 康平上野 響平
4人:楽天(渡辺 佑樹、藤田 一也、近藤 弘樹山下 斐紹

3人:オリックス(澤田 圭佑勝俣 翔貴鈴木 優

2人:巨人(沼田 翔平古川 侑利
2人:ロッテ(大嶺 祐太西巻 賢二
2人:中日(三ツ俣 大樹、鈴木 翔太)

1人:ヤクルト(風張 蓮)
1人:DeNA(三上 朋也)

0人:広島、西武

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>