News

関東選抜が4連覇達成 九州選抜との延長10回タイブレークの大熱戦を制する<大学準硬式9ブロック大会>

2023.11.20


18日から岡山県で開幕していた第41回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会。最終日の19日は、準決勝と決勝戦が行われ、全関東選抜が見事4連覇を達成した。

抽選の結果、準決勝は全関東選抜と全関西選抜が激突した。試合は6回終わって全関西選抜に2点のリードを許していた全関東選抜。だが7回に一挙7得点で逆転。7番・川端 彪玄内野手(慶應義塾大=4年)の適時打など集中打で試合をひっくり返して、決勝進出を果たした。

そして全九州選抜との決勝は9回終わって1対1で決着がつかず。大会ルールにより10回から延長タイブレークに突入すると、先攻の全関東選抜が10回に猛攻をみせる。3番・中島 健輔外野手(日本大=4年)の適時打。さらに相手バッテリーのミスなどで3点を追加して4対1とリード。この3点を、今大会主将を務めた山崎 陽平投手(帝京大=4年)が守り抜いて、歓喜の輪を作った。

試合後、山崎主将は「自分はこれで引退ですが、大学準硬式出身であることは変わりありません。ですので、いろいろな場所で大学準硬式の発展のために貢献出来たらと思います」と大学準硬式での4年間に感謝の思いを語った。

これで2023年の大学準硬式の全ての公式戦が終わった。今年は甲子園を使って史上初の全国大会を開催するなど、連盟創立75周年の節目にふさわしい1年となった。こうした1年をコツコツ紡いでいくことが、大学準硬式の発展に繋がるだろう。その担い手は、今回優勝した選手たちはもちろん、大学準硬式に関わる全ての学生たちだ。2024年も白熱した試合が繰り広げられることを楽しみにしたい。

なお今大会の準決勝、決勝は全日本大学準硬式野球連盟にアーカイブとして配信されている。

【19日】
・マスカットスタジアム
準決勝
全関東選抜10-5全関西選抜
※アーカイブはこちら
https://www.youtube.com/live/6MA4kcyseAI?si=IDqa6fyZ08RlB0-F
決勝戦
全関東選抜4-2全九州選抜
※アーカイブはこちら
https://www.youtube.com/live/9utG7U-3S5w?si=_K9eymHEB17zUfH6

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?