News

桐光学園出身のアンダースロー・中川颯がDeNA入団! 2016年の神奈川大会を沸かせた男が再びハマスタに!

2023.11.19


DeNAは前オリックスの中川 颯投手(桐光学園)を支配下登録選手で獲得したことを発表した。今年まで育成選手としてプレーしていた中川にとっては嬉しい移籍となった。神奈川の高校野球ファンからすれば、2016年の神奈川大会を熱く盛り上げた桐光学園のエースがベイスターズに入団。感慨深いものがあるだろう。

中川は、横浜泉シニア出身で、桐光学園に進むんだ理由について、プロ入り前のインタビューでこのように答えている。

「横浜泉シニアの先輩が桐光学園に進んでいて、桐光学園の良さを見聞きしていました。まず進学校で大学への進路も良い。自分自身、大学進学することは当時から考えていたので、そこは良いと思いました。
一番の理由は、自主性を特化した練習環境です。僕自身、練習は自らとことんしますが、強制的で、いわゆる縛られた練習が嫌いでしたので、そういうのがない桐光学園の環境は一番合っていたかなと思いました」

桐光学園に進学すると、1年生から主力投手として活躍。1年秋、2年秋と関東大会も経験するなど、順調にステップアップをしていた。ただ選抜には届かず、悔しい結果に終わっていた。

「あと一歩で届かないみたいなことがずっと続いていたので、この冬は腹くくってやるしかないなと。野呂監督さんにも『腹くくれ』といわれて、追い込めて、その時の冬は今につながっていると思います。
特別なことをせず、毎朝早く起きて、ポール間走、ランニングをしていて、周りの人よりも人一倍するということを心がけていました」

ラストシーズン130キロ中盤を超える速球派のアンダースローへ変貌。最後の夏は神奈川大会準決勝で横浜に敗れたが、石川 達也投手(横浜高-法政大-DeNA)から本塁打を打つなど投打で躍動していた。

立教大を経て、オリックスに入団したが、今季は二軍で21試合登板、32.2回を投げ、34奪三振、防御率1.36、与四球4となぜ戦力外になったのかわからない成績を残していた。このパフォーマンスをDeNA側が高く評価していたのが分かる。

ちなみに高校時代、中川とバッテリーを組んだ大坪 亮介氏はブルペンキャッチャーとしてDeNAに在籍しており、さらには高校時代に対戦経験のあった石川もいる。これ以上ない環境だと思う。あとは結果で恩返しするだけ。ぜひ横浜スタジアムに集まったベイスターズファン、高校野球ファンを沸かせる活躍を期待したい。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>