Column

152キロ左腕・徳山一翔(環太平洋大)、急成長の背景に「ドラフト6人同時指名・徳島ISの育成メソッド」<明治神宮大会・大学の部 注目選手>

2023.11.16


10月27日・中四国地区3連盟明治神宮大会代表決定戦での徳山一翔(環太平洋大3年)

15日に開幕した第54回明治神宮野球大会の大学の部で、1人の大学3年生左腕が心に期すものを秘めマウンドに上がろうとしている。

環太平洋大(中国・四国三連盟)の最速152キロ左腕・徳山 一翔投手(3年=鳴門渦潮)。1年春から登板を重ねると、今年は全日本大学野球選手権で最速148キロ、秋のリーグ最終戦では最速152キロをマークした。昨年12月に侍ジャパン大学代表強化合宿にも参加した実力を示した。明治神宮大会第2日目16日の第4試合で東京農業大学北海道オホーツク(北海道二連盟)との対戦を迎える。

徳山は、10月27日、香川県高松市のレクザムスタジアムで広島六大学大学野球連盟覇者の近大工学部、四国地区大学野球連盟の覇者・松山大との巴戦で開催された「中国・四国地区三連盟明治神宮野球大会代表決定戦」で初戦の近大工学部戦に先発した。最速147キロをマークした直球と、130キロ前後のスライダー、チェンジアップを交え、7回89球を投げ4安打5奪三振の好投。チームの連勝と、2年連続7回目の明治神宮大会出場に大きく貢献していた。
鳴門渦潮(徳島)3年当時の立場は、投手陣の3番手だった。そのころは仁木 登真投手(現・中部学院大3年)、鈴木 連投手(現:神戸医療未来大3年)の140キロ超の右2枚看板がいた。最速は135キロ、サイズも175センチ、75キロと決して傑出した存在ではなかった。

2019年・鳴門渦潮3年時の徳山一翔(環太平洋大3年)

しかし、3年夏を終えると徳山は徳島インディゴソックスのトレーニング管理も司っているインディゴコンディショニングハウスで個人トレーニングに取り組むと、一気にサイズと球速が向上した。2年春の段階で元・広島監督の野村 謙二郎氏の弟である野村 昭彦監督が「ひょっとしたらプロ入りもありえる」と評する逸材にまで成長を遂げている。

6月の侍ジャパン大学代表候補合宿を左肘の炎症で辞退し、秋は徐々にイニング数を伸ばしてきた徳山だが「今は大丈夫です」とキッパリ。明治神宮大会へ向けても「まずはチームの勝利が第一だが、敵を圧倒するピッチングをして(2回戦シードの)慶應義塾大(東京六大学)戦でもアピールしたい」と意気込んだ。
気になる進路について「自分としてはプロ一本です」と男らしく口にした。すでに「ドラフト指名の基準が解った」という、12月の侍ジャパン大学代表への2年連続参加も決まっている。野村監督が「もっと走り込みが必要」と指摘するスタミナ面が改善されれば、2024年ドラフトでは目玉的存在にまで浮上しそうだ。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

春季愛知大会 5つの地区予選を占う 全国屈指の激戦県、複雑な予選システムにも注目!

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!