News

「食が細い」ことを克服しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2023.11.03


春雨などをスープに付け加えてボリュームアップ
野球選手は「たくさん食べる」ことも体づくりの上で欠かせない習慣の一つです。特に激しく体を動かすことが多いアスリートであれば、運動で消耗した分のエネルギーを補う必要がありますし、それに加えて体が成長するためのエネルギーも確保しなければなりません。一方で「食が細くてあまり食べられない」「食べても食べても体が大きくならない」という悩みを抱えている選手も少なくありません。「食の細さ」を克服する上で見直しておきたい生活習慣や、食事の工夫をまとめておきます。
●食事時間・睡眠時間を十分に確保しているか
食事について見直す前に振り返って欲しいのが、食事時間や睡眠時間が十分に確保されているのかというところです。高校生は学校生活と部活動、往復の通学時間など「忙しい日々」を過ごしています。そして時間が足りなくなると真っ先に削られてしまいがちなのが、睡眠時間や食事時間です。朝起きて、食事をとらずに、もしくは簡単に済ませて通学していないか、お昼休みにあわてて昼食をかき込んでいないか、練習後に疲れてしまってそのまま寝てしまったりしていないか。まずは睡眠時間と食事時間に余裕を持たせるスケジュールにする必要があります。疲労回復や体の成長には十分な睡眠時間が欠かせません。
●食事回数を増やす(補食の活用)
三食のボリューム、特に朝食は少なくなりがちなので朝からたくさん食べてほしいところですが、食が細い選手の場合はいきなり量を増やしても食べづらいかもしれません。そのような時はまずいつも通りに三食をとったうえで、食事の前後で補食をとることを習慣にしてみましょう。練習後と夕食までの間に1時間以上あるのであれば、小腹を満たすつもりで炭水化物(おにぎりやパンなど)とタンパク質を含むものを摂るようにしてみましょう。おにぎりの具材にタンパク質を多く含むもの(鮭、ツナマヨ、おかかなど)を選ぶと食べやすいと思います。もし可能であれば練習前にもエネルギー源の確保として補食を摂るようにすると良いですね。一度の食事で多く食べられないときは1日4食、1日5食など、こまめに分けて食べるようにすると全体的なボリュームアップが見込めます。
●「ご飯のお供」を用意しておこう
さらに全体の食事量を無理なく増やすためにご飯がすすむ「ご飯のお供」を用意したり、食事には汁物を必ずつけるようにするとより食べやすくなります。最初はメインのおかずとともにご飯を食べ、おかわり一杯目は卵かけご飯、おかわり二杯目はお茶漬けにするといった方法もあります。卵かけご飯やお茶漬けにすると、あまりよく噛まずにズルズル飲む込んでしまいがちですが、歯ごたえのあるおかずと一緒によく噛んで食べることをぜひ心がけてみてください。汁物は具だくさんを基本とし、たとえば洋風スープであればショートパスタ、味噌汁であればお麩、中華スープにはワンタンや春雨などを入れてみるとボリュームアップにつながります。
食の細さを克服するために、生活習慣や食事の工夫についてお話をしてきましたが、出来ることからぜひ実践してみてくださいね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>