News

2015年東海大相模のダブルエースの1人が今季一軍登板19試合も戦力外に

2023.10.29


オリックスの吉田 凌投手(東海大相模)の戦力外が明らかになった。吉田といえば、2015年の夏の甲子園優勝に大きく貢献した投手だ。中学時代から140キロを超えるスーパー中学生投手として知られ、東海大相模入学後も、140キロ中盤の速球、高速スライダーを武器に神奈川の高校野球ファンを驚かせた。

最後の夏は、小笠原 慎之介投手(中日)とのダブルエースで、甲子園で好投を見せた。同年のドラフトでは、オリックスから5位指名を受けた
。2年目に一軍初登板を果たし、プロ5年目の2020年には、35試合登板、防御率2.17の好投。21年は18試合で、防御率2.12の好成績を残し、今年は19試合で防御率3.24だったが、オリックス最後の登板となった10月4日では四球2を与え、打者1人打ち取っただけで降板となっていた。能力的には悪くない投手。安定感を買って獲得する球団は現れるのか。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!