News

「東海大相模からの転入」の話題も大型遊撃手・百崎 蒼生の実力は本物だ! 強打の内野手は3年後には一軍戦力になる!<ドラフト注目選手名鑑> 

2023.10.26


東海大相模から転入して話題となった百崎 蒼生内野手(東海大星翔)。グラウンドでみると、走攻守で実にハイレベルだ。ドラフト報道では横山 聖哉内野手(上田西)が人気だが、走攻守の完成度でいえば、百崎が上ではないか。

(打撃)
百崎の打撃をみると、まったくクセがなく、力まずに遠くへ飛ばせる技術を有している。木製バットに置き換えた時、こういった選手のほうが順応しやすい傾向にある。
スタンスはスクエアスタンス。グリップを肩の位置において背筋を伸ばして構えている。構えには鋭さを感じさせる。すり足気味にタイミングを取り、真っ直ぐ踏み出していく。トップの動きを見ていくと捕手側方向へ引いていく。そのため振り出しに入った時、ロスすること無く振ることができている。
ボールを捉える能力は高く、140キロ台の速球にもついていくことができており、選球眼も高く、熊本大会では145キロ右腕の直江新投手(3年・九州学院)の速球にもしっかりとついていって、四球を選んだりするなど、簡単に倒れる打者ではないのが魅力だ。
(守備・走塁)
甲子園での守備を見ていくと、下半身を使って、丁寧に打球をさばくことができている。フットワークも軽快で、スピーディだ。また走塁をみると、積極的に二塁、三塁を狙っており、東海大相模で培った走塁が垣間見えた。
(今後について)
スケールの大きさと技術力の高さを感じさせる打撃、アグレッシブな走塁、丁寧な守備と、走攻守全てにおいて三拍子揃っている。これほどの大型遊撃手は全国でもなかなかいないので、ドラフト指名は有望ではないか。1年目から二軍でも多くの出場機会が見込め、高卒3年目以降から一軍での試合出場も多くなるのではないか。強打の内野手として台頭することを期待したい。

【ドラフト注目選手はこちら】

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?