News

中日1位指名公表の度会 隆輝外野手(ENEOS)の完成形は韓国球界のスタープレイヤー!?

2023.10.25


ENEOS時代の度会 隆輝

今年、社会人ではNO.1の注目されていた度会 隆輝外野手(ENEOS)。ドラフト前日に、中日が1位指名公表となった。この選手の将来性、完成形を考えていきたい。
結論から言えば、常に打率3割以上を目指せるコンタクトヒッター。中日は大島 洋平外野手(享栄)、岡林 勇希外野手(菰野)といった打率を残せる選手がいる。福留 孝介タイプともいわれるが、今はまだ福留ほどのスケール感や、長打力はない。
俊足の巧打者、明るいキャラクター、人気を呼びそうな容姿、ヤクルトで活躍した度会 博文氏のジュニア選手、そしてSNSではtiktokもやっている。これらを踏まえると、韓国プロ野球界で活躍するイジョンフ(李政厚)のようなタイプになると思っている。
イジョンフの父は中日で活躍した李鍾範(イジョンボム)。イジョンフは高卒1年目から昨年まで6年連続で160安打を記録している。そしてイジョンフのインスタのフォロワーは、23万人もいる。共通項も多く、度会の打撃スタイルに触れると長打志向よりも、コンタクト傾向に絞ったほうが成績を残せるのではないか。

度会はスクエアスタンスで構え、右足を高く上げて、インステップ気味に踏み込んで打ちにいく。スイング軌道をみると、インサイドアウトでボールを捉える。この選手はスイング自体は強く、常に振り切っている。打球にも角度をつけるのがうまく、結果的にうまくハマれば本塁打を量産しやすい。ただ、NPBで本塁打タイトルを狙える左打者と比較すると潜在的なパワーはないので、一発を狙うのではなく、強いスイングをしながらコンタクトする。また評価する側も、本塁打数とかではなく、安打数、凡退した打席でも体全体が連動した打撃フォームで強く振れているのかを基準にしたほうがよいだろう。

一塁までの塁間タイムは4.00秒前後で非常に速く、外野からも返球をみるとかなりの強肩だ。将来的には打率3割前後、本塁打は10本前後、10盗塁以上は常にできる選手になってほしい。横浜時代から走攻守すべてにおいて技量が高い選手であったが、ドラフト1位指名が確定するまで順調に成長できたのは彼の取り組む姿勢の良さがあったからこそ。ぜひ彼の個性を発揮させてほしいと願う。

【ドラフト注目選手はこちら】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!