News

2年連続最下位・中日の「大当たりドラフト」とは? 投打の軸を獲得した2015年を振り返る

2023.10.26


小笠原 慎之介

毎年行われるドラフト会議で、指名した全員が1軍で華々しい活躍をすることはない。複数人の主力が出てくることも、そう多くはない。レギュラーや先発ローテーション投手、勝ちパターンといった主力が、同一のドラフト会議から生まれたら、それは”大当たりドラフト”と言っても過言ではない。

近年、各球団に大当たりドラフトはあったのだろうか。高校生と大学生社会人の分離ドラフトが終わった2008年以降のドラフトで振り返ってみたい。

中日は2015年のドラフト会議から、多くの主力選手が誕生した。ドラフト1位の小笠原 慎之介投手(東海大相模出身)は、ルーキーイヤーから15試合(12先発)に登板し2勝をマーク。2018年には高卒3年目で開幕投手を任された。以降は、やや伸び悩んだ感があったものの、2021年からは3年連続で規定投球回に到達している。投手タイトルの獲得こそないものの、3年連続で先発ローテーションを守り、チームを支える存在となった。

ドラフト2位の佐藤 優投手(古川学園出身)は、3年目の2018年に42試合の登板で10ホールドをマークするなど開花。オフには日米野球の日本代表にも選ばれた。しかし以降は目立った成績を残すことができず、2022年に現役を引退した。

ドラフト3位の木下 拓哉捕手(高知高出身)は1年目に9試合の出場。2年目には51試合に出場するなど出番を増やしていく。すぐにレギュラーを奪うことはできなかったが、2020年からはメインの捕手となった。チーム事情もあり完全に固定されているわけではないものの、正捕手といっても過言ではない起用が続いている。

中日OBの山本昌氏の背負っていた背番号「34」を与えられたドラフト4位の福 敬登投手(神戸西出身)は、左の中継ぎとして開花した。左肩を痛めたことで一時、育成契約にもなったが、2019年からは1軍に定着し、2020年には自身初のタイトルである最優秀中継ぎ投手に輝いた。2022年には黄色靱帯骨化症を患ったものの2023年に復帰した。通算260試合の登板で、82ホールドをマークしている。

ドラフト5位の阿部 寿樹内野手(一関一出身)は、4年目の2019年に二塁手のレギュラーを獲得。129試合に出場し規定打席に到達した。翌2020年には自身初の2ケタ本塁打(13本塁打)をマークし、そのまま定位置をつかんだが、2022年シーズンオフに交換トレードで楽天へと移籍した。

育成ドラフトからも、3位の三ツ間 卓也投手(健大高崎出身)と、6位の渡辺 勝外野手(東海大相模出身)の2人が支配下登録され、1軍での出場機会も勝ち取っている。

中日は2015年のドラフトで先発ローテーション投手、正捕手、左の中継ぎ、移籍してしまったが二塁手のレギュラーと4人の主力を獲得した。

<2015年ドラフトにおける中日の指名選手一覧>

1位:小笠原 慎之介東海大相模
2位:佐藤 優古川学園ー東北福祉大)
3位:木下 拓哉高知高ー法政大ートヨタ自動車)
4位:福 敬登神戸西ーJR九州)
5位:阿部 寿樹一関一ー明治大ーホンダ)
6位:石岡 諒太神戸国際大附ーJR東日本)

育1位:中川 誠也伊勢工ー愛知大)
育2位:吉田 嵩(長崎海星ー四国IL徳島)
育3位:三ツ間 卓也(健大高崎ー高千穂大ー武蔵ヒートベアーズ)
育4位:西浜 幹紘南伊勢ー星城大)
育5位:呉屋 開斗八戸学院光星
育6位:渡辺 勝東海大相模ー東海大)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.10

センバツ準V報徳学園を止めるのは? 神戸弘陵の152キロ右腕、逸材集団の東洋大姫路…春の兵庫を盛り上げる逸材たち!【注目選手リスト】

2024.04.11

中京大の新入生に愛知、東海地区を代表する好投手、好打者たちが続々入学! 大阪桐蔭や名門校出身者・甲子園出場組も

2024.04.10

「アーニャ」で話題呼んだ仙台大の最速147キロ左腕・池田亮太 今年は「ピッチャーとしての自分に注目してほしい」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?