Column

「ポスト今永」「ポスト宮崎」がテーマのDeNA、ふさわしいのはこの3人! 投手大量退団で補う社会人・独立の逸材も!<ドラフト指名予想>

2023.10.24


武内 夏暉(國學院大)

今年、3位のDeNA。交流戦で優勝を収めるが、後半戦で失速し、優勝争いから脱落してしまった。タイトル獲得者も多く、個々の選手は揃っている印象なのだが、ドラフトにはどんな戦略で臨めばよいのだろうか。まずは退団選手をみてみよう。
【DeNA】
戦力外・田中 健二朗投手(常葉菊川出身)
戦力外・平田 真吾投手(豊北出身)
戦力外・宮國 椋丞投手(糸満出身)
戦力外・笠原 祥太郎投手(新津出身)
戦力外・池谷 蒼大投手(静岡出身)
戦力外・スターリン・コルデロ投手*
戦力外・加藤 大投手(横浜隼人出身)*
戦力外・東出 直也捕手(小松大谷出身)*
引退・藤田 一也内野手(鳴門第一出身)
戦力外・田中 俊太内野手(東海大相模出身)
戦力外・大橋 武尊外野手*
*は育成選手
上記リストにはないが、今季のAクラスを支えた2人の先発投手が抜ける可能性がある。今永 昇太投手(東筑)がポスティングシステムでメジャー移籍の可能性が大きく、バウアー投手も移籍する可能性が取りざたされている。彼らが加わった場合、今年は投手9人が戦力外となる。

今年は大学生投手豊作年。さらに素材と実戦力も兼ね備えた投手が備わっている。まずは「ポスト今永」を考えていきたい。DeNAは、今永や、最多勝の東 克樹投手(愛工大名電)などコントロールの良い左腕をしっかりと主力投手へ育て上げている。

それを考えると、國學院大・武内 夏暉投手(八幡南)が一番フィットする。ただ武内は秋のリーグ戦での快投で、一気に人気が高まっており、競合は間違いない。ハズレ1位候補は、同じ左腕で地元の桐蔭横浜大の古謝 樹投手(湘南学院)がオススメだ。

野手では来年で36歳を迎える宮崎 敏郎内野手(厳木)の穴を埋める次世代の内野手が必要。現在の若手内野手を競争相手となるような選手の指名をしたいところだ。ENEOSの度会 隆起内野手(横浜)のコンタクト力が高い打撃は、毎年首位打者を狙える可能性すら持っている。明治大の上田 希由翔内野手(愛産大三河)も毎年、20本塁打80打点〜100打点を狙えそうな逸材だ。特に度会は高校、社会人で、神奈川でプレーしてきた。キャラクターも明るく、人気になりそう。ただ、彼らはともに左打ち。宮崎と同じ右打者を狙うなら廣瀬 隆太内野手(慶應義塾-慶應義塾大)の指名もありそうだ。

上位に投打の主力になりえそうな逸材2人を指名できるかどうか。それDeNAの最大の注目ポイントである。

中位〜下位では、まず即戦力投手を補いたい。社会人の三菱重工West・竹田 祐投手(履正社)、日本通運・平元 銀次郎投手(広陵)がオススメだ。独立リーグにもいい投手は多い。BC茨城の土生 翔太投手(横浜)は高校時代、ベンチ外だったが、アベレージで150キロを超える剛腕へ成長。徳島インディゴソックスの白川 恵翔投手(池田)もよいだろう。

また、DeNAは有望な高校生野手も育ちつつある。粟飯原 龍之介内野手(東京学館)、松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭)らが一軍の戦力となる日も近いだろう。

その流れで、今年は左のスラッガー・小笠原 蒼内野手(京都翔英)の指名は面白い。分厚い太ももがパワーの源で、きっちりとしたレベルスイングで、広角に長打が打てる。将来の可能性を感じさせる強打者だ。
文/河嶋宗一(編集部主筆)
*「12球団ドラフト指名予想」記事一覧はこちらから

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

1 Comment

  1. 高校野球ファン

    2023-10-25 at 12:03 AM

    今永投手は東筑高でなく北筑高ですよー

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!