News

「ドラフト1位」9人に戦力外通告、嵐吹き荒れるプロ野球2023年ポストシーズン

2023.10.24


福田 秀平・高山 俊

プロ野球2023年シーズンはクライマックスシリーズが終わり、残すは日本シリーズのみとなった。日本一は阪神かオリックスか。関西シリーズで盛り上がる一方で、敗れた10球団はすでに来季へと向かっている。

戦力外通告を受けた選手の中には、かつては「ドラフト1位」として入団し、脚光を浴びた9選手が含まれている。 
【戦力外通告】
ソフトバンク・高橋 純平投手(県立岐阜商出身=15年1位)
ソフトバンク・佐藤 直樹外野手(報徳学園出身=19年1位)
楽天・炭谷 銀仁朗捕手(平安出身=05年西武高校生1位)
楽天・塩見 貴洋投手(帝京五出身=10年1位)
ロッテ・福田 秀平外野手(多摩大聖ヶ丘出身=06年ソフトバンク高校生1位)
西武・※斉藤 大将投手(桐蔭学園出身=17年1位)
広島・岡田 明丈投手(大阪商業大高出身=15年1位)
阪神・高山 俊外野手(日大三出身=15年1位)
DeNA・田中 健二朗投手(常葉大菊川出身=07年高校生1位)
(※は育成選手)

05年高校生1位の楽天・炭谷や、06年高校生1位のロッテ・福田などベテラン選手から、最近では4年前の19年1位だったソフトバンク・佐藤も戦力外となった。
西武・斉藤は左ひじを手術したことで育成契約となって再起を狙っていたが、支配下復活することができなかった。
ソフトバンク・高橋、広島・岡田、阪神・高山の3人は、ともに15年のドラフトで1位指名。ソフトバンク高橋はソフトバンク、中日、日本ハムの3球団、阪神・高山は阪神、ヤクルトの2球団が競合した末の結果だった。

戦力外通告を受けた「元ドラ1」戦士の行方が注目される。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?