Column

千葉ロッテは競合覚悟で大学生投手を狙う! ZOZOマリンから徒歩圏内にいる150キロ右腕の高校生右腕の指名も!<ドラフト指名予想>

2023.10.23


今季最終戦で2位に浮上し、CSファイナルにまで進出した千葉ロッテ。吉井 理人監督の卓抜したチームマネジメントでのし上がってきたが、今後、レギュラーシーズンで優勝するにはどんなドラフトをすればいいのか。まず退団者を見ていきたい。

戦力外・河村 説人投手(白樺学園出身)
戦力外・佐藤 奨真投手(関東一出身)
戦力外・土居 豪人投手(松山聖陵出身)
戦力外・土肥 星也投手(尽誠学園出身)*
戦力外・古谷 拓郎投手(習志野出身)*
戦力外・谷川 唯人捕手(立正大淞南出身)*
戦力外・速水 将大内野手(日本ウェルネス信州筑北(現・日本ウェルネス長野)出身)*
戦力外・菅野 剛士外野手(東海大相模出身)
戦力外・西川 僚祐外野手(東海大相模出身)
戦力外・福田 秀平外野手(多摩大聖ヶ丘出身)
*は育成選手
西川はフェニックスリーグでもスタメン出場、古谷は14日の楽天戦で6イニング登板、河村も16日の阪神戦で登板しており、支配下から育成契約に切り替わる可能性がある。

とにかく欲しい先発候補
先発投手が足りない。佐々木 朗希投手(大船渡)が途中離脱。長年、ローテーションとして活躍をしていた石川 歩投手(滑川)、二木 康太投手(鹿児島情報)が未登板に終わった。今季活躍した投手が、来年も同じようなパフォーマンスが期待できるとは限らない。投手の頭数は絶対的に不足している。「ブルペンデー」をつくるなど、シーズン終盤の投手起用は苦しかった。

やはり1位は投手。評価の高い東都大学の4人だろう。
右では、常廣 羽也斗大分舞鶴ー青山学院大)、西舘 勇陽花巻東ー中央大)。左は、武内 夏暉八幡南ー國學院大)、細野 晴希東亜学園ー東洋大)。他球団と競合する可能性が高いが、狙っていくことになるだろう。また、この1年でスカウトの評価が急上昇した速球派左腕・古謝 樹湘南学院ー桐蔭横浜大)も候補に入ってきそうである。

「投手歴1年」地元の逸材
2位については、選択肢が多くあるが、そのひとつが即戦力の捕手。大学日本代表に選ばれた進藤 勇也捕手(筑陽学園-上武大)のリードセンス、キャッチング能力の高さは光るものがあり、すぐに一軍を意識できそうだ。

高校生野手を指名しておきたい。フェニックスに派遣されている西川など若手スラッガーに伸び悩みの傾向にあり、18年ドラフト1位の藤原 恭大外野手(大阪桐蔭)も、103試合に出場したものの、打率.238、3本塁打とブレイクしたとは言い難い。

個人的には武田 陸玖投手(山形中央)がオススメ。高校日本代表では4番を務め、投げては140キロ後半の二刀流。打者メインで育成するのであれば、強肩巧打の外野手として、長年、活躍してくれそうな逸材だ。
また、地元・千葉の高校生も指名してもらいたい。早坂 響投手(幕張総合)を推したい。最速150キロの速球、鋭く曲がる130キロ後半のカットボールの精度の高さは秀逸だ。投手を本格的に始めたのは2年秋からで、大きな伸びしろがある。

幕張総合はZOZOマリンスタジアムの最寄り駅でもある京葉線・海浜幕張駅から徒歩約20分ぐらいの場所にある県立校。本拠地にも近い学校に将来性抜群の150キロ右腕がいるのだ。チャンスがあれば、ぜひ支配下で指名しておきたい。
まずはローテーションに入れる大学生投手、そして大型高校生野手。地元の逸材・早坂の指名ができれば、評価の高いドラフトになるのではないだろうか。
文/河嶋宗一(編集部主筆)
*「12球団ドラフト指名予想」記事一覧はこちらから

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>