News

骨癒合を食事から支えるには

2023.10.20


魚にはカルシウムにくわえてタンパク質も含まれているので積極的に食べよう

野球に限らずスポーツでは「予防可能なケガ」とアクシデントによって起こる「予測できないケガ」があります。特に予測しがたいケガの一つにアクシデントによる骨折が挙げられます。デッドボールの当たり所が悪かったり、自打球で自らボールを当ててしまったり。スライディングやバントでボールとバットの間に指が挟まったりすることでも骨折することがあります。骨折は年齢や痛めた部位にもよりますが、骨折部位が癒合(ゆごう:骨がくっつくこと)するまでに数ヶ月程度はかかるため、選手にとってはその期間、通常練習を休んだり、試合に出場できなかったりといったことが起こります。

骨の構造を考えると「骨折を早く治すためにはカルシウムをたくさん取ればいい」というのはもちろん間違いではありません。骨の強度を表す指標として骨密度がありますが、これは骨に存在するカルシウムなどのミネラル分がどの程度あるかという単位面積あたりの骨量を示しています。骨密度が高いほど、物理的なストレスに強い骨であると言えるので、カルシウムが多い骨=骨が強いという目安にもなります。一方、骨はカルシウムのみで構成されているものではないことも覚えておきましょう。骨にはカルシウムを定着させるための構造の土台となるコラーゲンが必要不可欠です。たとえば骨粗しょう症の骨はスポンジ状の細かい線維が少なくなることで骨が弱くなりますが、コラーゲンはこの部分を担っています。やや乱暴な言い方ですが、鉄筋コンクリートでいえば鉄筋部分がコラーゲン、セメント部分がカルシウムと考えると、どちらもより多く集まって密度を高めることが強い骨を再生することにつながります。

コラーゲンはタンパク質の一つですので、骨折からの早い骨癒合を期待するときはカルシウムにくわえて、タンパク質を多く含む食品を意識してとるように心がけましょう。また骨の再生を促すようなさまざまなビタミン(ビタミンD=キノコ類や魚など、ビタミンC=果物や野菜など、ビタミンK=納豆やパセリなど)やカルシウム以外のミネラル分(マグネシウム=ゴマ、ナッツ類等)もあわせてとるようにします。これを食べたら骨癒合が早くなるという魔法の食材はありませんが、栄養バランスの良い食事を心がけることが、骨折からの競技復帰を早めることにつながることを覚えておきましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!