News

ソフトバンクは2010年が「黄金ドラフト」、柳田、千賀、牧原、甲斐が大活躍

2023.10.19


甲斐 拓也(ソフトバンク)

毎年行われるドラフト会議で、指名した全員が1軍で華々しい活躍をすることはない。複数人の主力が出てくることも、そう多くはない。レギュラーや先発ローテーション投手、勝ちパターンといった主力が、同一のドラフト会議から生まれたら、それは”大当たりドラフト”と言っても過言ではない。

近年、各球団に大当たりドラフトはあったのだろうか。高校生と大学生社会人の分離ドラフトが終わった2008年以降のドラフトで振り返ってみたい。

ソフトバンクは、今から13年前にあたる2010年のドラフト指名が圧巻だった。この年のドラフト会議でソフトバンクは支配下5人、育成6人の合計11名を指名したが、なんと4人が日本代表に上り詰めている。

支配下指名では2位の柳田 悠岐外野手(広島商出身)がトッププレーヤーとなった。2015年に自身初の打撃タイトルとなる首位打者を獲得し、トリプルスリーも達成。東京五輪では、金メダル獲得にも貢献した。35歳となる今シーズンも、143試合に出場し打率.299(546打数163安打)、22本塁打の成績で最多安打のタイトルを獲得した。

育成指名では4位で千賀 滉大投手(蒲郡高出身)、5位で牧原 大成内野手(城北出身)、6位で甲斐 拓也捕手(楊志館出身)と3人の日本代表が誕生した。千賀は3年目の2013年に中継ぎとして頭角を現すと、2016年からは先発ローテーション投手として7年連続で2ケタ勝利を達成。今シーズンからはMLBメッツへと活躍の場を移し、ここでも2ケタ勝利をマーク。日米通算で連続2ケタ勝利は8年連続となった。

牧原は8年目の2018年から1軍で出場機会を大きく増やした。意外なことに規定打席到達は1度もないが、2022年には打率.301(409打数123安打)と活躍。複数のポジションを守ることのできるユーティリティープレーヤーとして、今春に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場し金メダル獲得に貢献している。

甲斐は日本代表の常連となった。2017年のアジアCS、2019年のプレミア12、2021年の東京五輪、2023年のWBCと4つの大会で金メダルを獲得している。打撃面では苦戦することも多いが、4度の2ケタホームランを記録し、通算57本塁打は育成ドラフト出身の選手としては最多。パンチ力を発揮してきた。

このように4人ものトッププレーヤーが生まれたのは事実だが、その他の選手は結果を残すことができなかった。ドラフト1位の山下 斐紹捕手(習志野出身)は3球団を渡り歩き144試合に出場したが、打率.189(244打数46安打)、6本塁打と結果を残すことはできなかった。同3位の南 貴樹投手(浦和学院出身)、同5位の坂田 将人投手(祐誠出身)は1軍出場なく現役を引退。同4位の星野 大地投手(岡山東商出身)はわずか11試合の出場だった。

育成1位の安田 圭佑外野手(延岡工出身)、同2位の中原 大樹内野手(鹿児島城西出身)、同3位の伊藤 大智郎投手(出身)も1軍で出場する夢は叶わずユニホームを脱いでいる。

<2010年ドラフトにおけるソフトバンクの指名選手一覧>

1位:山下 斐紹習志野
2位:柳田 悠岐(広島商ー広島経済大)
3位:南 貴樹(浦和学院
4位:星野 大地(岡山東商
5位:坂田 将人(祐誠

育1位:安田 圭佑(延岡工ー別府大ー四国IL高知)
育2位:中原 大樹(鹿児島城西
育3位:伊藤 大智郎(
育4位:千賀 滉大蒲郡
育5位:牧原 大成(熊本城北)
育6位:甲斐 拓也楊志館

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード